木暮“shake”武彦×ダイアモンド☆ユカイ×小川キヨシ。RED WARRIORS、最新ライブ映像公開!

■6月15日・16日の2日間、恵比寿LIQUID ROOMにて開催されたライブ、RED WARRIORS『SWINGIN’ DAZE 21st Century』の模様をダイジェストで公開!

2019年6月、東京・恵比寿LIQUID ROOMで完全復活を宣言したRED WARRIORS(レッド・ウォーリアーズ)が、最新ライブ映像を公開。さらにニューアルバムの収録内容を発表し、ジャケット写真とアーティスト写真を公開した。

RED WARRIORSは、木暮“shake”武彦とダイアモンド☆ユカイ、小川キヨシの3人で活動を続け、30年以上ロック界に影響を与え続けている正真正銘のR&Rバンド。

この映像は、6月15日・16日の2日間、恵比寿LIQUID ROOMにて開催されたライブ『SWINGIN’ DAZE 21st Century』の模様を収めたトレイラー映像。瞬足でソールドアウトしたため、幸運な一部のファンだけが目撃できた貴重なライブの映像だ。

そして、このライブの模様が余すことなく収録されたアルバム『SWINGIN’ DAZE 21st Century』が9月4日にリリース。

アルバムのコンセプトは、1989年にリリースされた4枚目のアルバム『Swingin’Daze』の再構築。あらたに書き下ろされた新曲とストーリーを交えながら、30年の時を超えて表現されたまったく新しいコンセプトアルバムが誕生した。

ニューアルバムは、2枚組CDとして全国のCDショップでリリースされるほか、初回限定生産のリミテッドエディションには特典DVDが付属。最新撮り下ろしインタビューやリハーサル風景を交え、あらたに構築されたストーリーを、メンバー自身の言葉によって明らかにするドキュメンタリー映像を収録している。

ブックレットには、彼らを撮り続けている森島興一による撮り下ろし写真と、ダイアモンド☆ユカイが書き下ろした『SWINGIN’ DAZE 21st CENTURY』の原案・ラフスケッチを掲載。

RED WARRIORSのニューアルバムは、9月4日に日本コロムビアよりリリース。10月には大阪と東京で、再び『SWINGIN’ DAZE 21st Century』ライブが開催されることも決定している。今の彼らだからこそ構築できたオリジナルな『SWINGIN’ DAZE WORLD』を体験しよう。

■RED WARRIORS プロフィール
1985年に、元レベッカのギター“shake”こと木暮武彦とボーカル・DIAMOND☆YUKAIを中心に結成。1986年10月に日本コロムビアよりメジャーデビュー。ストレートでブルージーなロックを掲げて音楽シーンで頭角を現し、1988年には日本武道館と西武球場でライブを行うが、1989年に解散。1996年に再結成し、武道館ライブを行い、その後も断続的にCDリリースやコンサートを行うが、2013年に活動休止。2015年再び集結し、2017年7月にデビュー30周年となる記念ライブを大宮ソニックシティ 大ホールにて開催。

<メンバー>
木暮“shake”武彦(g)
ダイアモンド☆ユカイ(vo)
小川キヨシ(b)


リリース情報

2019.09.04 ON SALE
ALBUM『SWINGIN’ DAZE 21st Century』


ライブ情報

“SWINGIN’ DAZE” 21st Centtury & The Greatest Hit
10/12(土) 大阪・メルパルクホール大阪
10/13(日) 大阪・メルパルクホール大阪
10/14(月・祝) 千葉・舞浜アンフィシアター


RED WARRIORS 日本コロムビア OFFICIAL WEBSITE
https://columbia.jp/artist-info/reds/

RED WARRIORS 30th Twitter
https://twitter.com/redwarriors30th

RED WARRIORS 30th Facebook
https://www.facebook.com/redwarriorsofficial/


『SWINGIN’ DAZE 21st CENTURY』LIMITED EDITION(3CD+DVD)

『SWINGIN’ DAZE 21st CENTURY』(2CD)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人