家入レオの多彩な表情に芦沢ムネトが心奪われる【イラストLIVEレポート】

フテネコの生みの親・芦沢ムネトによる、イラストレポート。今回は、アルバム『DUO』を携えてのツアー『家入レオ 7th Live Tour 2019 ~DUO~』で“家入レオのライブデビュー”を果たした。ライブだからこそ発見できた、家入レオの魅力とは?

【イラストLIVEレポート】
家入レオ

家入レオ 7th Live Tour 2019 ~DUO~
2019.07.27@幕張メッセ国際展示場9,10ホール


ライブの幕開けの「間」

幕張メッセ、めちゃくちゃ人が入ってるんですよ。で、今から言うことの理由は後々わかってくるんですけど、ライブが始まるなってときにお客さんがバッと立ち上がって「わー!」ってなることがほとんどだと思うんですけど、皆それぞれのタイミングで立ち上がっていて。「うおおおお……!」みたいな、なんだか不思議な“間”のある始まりだったんですね。

 

家入レオが歌う姿は、現代版ナウシカ(!?)

真っ赤な照明と服装も相まって、情熱的かつ厳かな雰囲気で始まって、第一声の歌声がまぁきれい。すごい!

服装がアジアな雰囲気といいますか……家入レオさんの顔つきと相まって凛々しく、かつ高貴。雄大な空が見えてくる、僕的には現代版のナウシカという印象を受けました。

 

目まぐるしく変わる、家入レオの豊かな表情

さっきまで高貴なナウシカだと思っていた人が、4曲目「Neon Night」に入るとき、「幕張メッセ、いきますよー!」と急に明るくなって。ピリッとした空気だけでいくわけじゃなくて、それまでの雰囲気とはまったく違う家入さんが出てきて。笑う時とかも「んふふふ」っていうのが、とてもかわいらしかったり(笑)。どんどん変化していくさまにとにかく釘づけでした。

 

「いただきました」

初めて家入さんのライブを観て感じたことは、お客さんが曲終わり、胸より少し高い位置で拍手するということ。ひとつずつ「(歌を)いただきました」と噛みしめているようでした。家入さんが丁寧に言葉を投げかけているからこそ、お客さんもそこを自然と理解して受け止める……ちゃんと言葉を聴きたいんだなって強く思いました。

 

歌詞の一つひとつが入ってくる

目をつぶって曲を聴いたとしても、しっかり耳に、そして心に入ってくる“言葉の力”と歌声に驚きました。感情的になって叫んだりすると、部分的に聴こえづらくなったりすることもあると思うんですけど、家入さんの場合は全部はっきりと歌が飛び込んでくる。

絶妙なタイミングで、気持ち良いところにちゃんと声が響くってシンプルなことかもしれませんが、それを徹底的にやりきれるっていうのがすごい。

 

スペシャルゲストに尾崎雄貴が登場

「『Relax』という曲をやります」を合図にスペシャルゲストでBBHF・尾崎雄貴さんが登場。「スペシャルゲストです!」って言われたわりに尾崎くんがぬっと出てきて(笑)、「尾崎雄貴さーん!」って言われても声を発することもなく、全身黒でぬっと出てくるっていうのが相変わらず自分の間で来るなぁってすごく素敵でした(笑)。

そして、歌がまたいいんですよ! 家入さんのどこまでも突き抜けていく歌声を、尾崎くんが優しく包む……みたいな。レオの尾崎巻きみたいな、ふたりの相性良かったですね。

 

歌に救われ、歌を背負う

「JIKU」って曲あたりからですかね、MCでどういう気持ちで歌をうたっているのか、「自分の意見をはっきりもたないといけないね!」みたいな話をしたあとに歌うんですけど。「私は歌によって救われたし、これからも歌っていくんだよ」という意味での「JIKU」でもあったと思います。歌を背負っている感じがして、それがすごく印象的でした。

 

歌を聴きたくて、静かに待つ

お客さんは、それぞれが今の家入さんの言葉や声を受け取りたいから、だから静かだったんだなと。わー! と盛り上げる瞬間もあったけど、まず「家入レオさんの『歌』を聴きたい」からこの場所(=ライブ)に来ているんでしょうね。信頼関係のようなものがお客さんと家入レオさんの間にできているんだなと痛感しました。

 

家入レオの七変化

後半戦の「ファンタジー」あたりから曲も変わってワルっぽい感じの、だいぶ激しくなるんですよね。「幕張いけんのかー!」みたいな、最初あんなに高貴な存在だった人が、急に明るい女の子になって、「JIKU」みたいなところに行き、最後に鬼が出てくるみたいな(笑)、表情がコロコロ変わるのがすごくて。

本人も言ってたんですけど「あれは転んだんじゃなくて、勢いがあまりすぎて地面にへばりついていました」みたいな。びっくりするシーンがいっぱいありました、イメージを固定できないところが家入レオというアーティストのカッコ良さなのかなと。

 

完全に惹きこまれてしまう芦沢ムネト

本編最後の曲「サザンカ」で、「これから歌う曲は24歳の時に作った曲です」と。その曲がまた良いんですよ。曲中で一回静かになったあとに、後ろにいってアコギを持ってガンッと弾く時にまた演奏を再開するんですけど、そのときがまたカッコ良かったですね。
そして、マイクでは聴こえてないんですけど演奏中むちゃくちゃ叫ぶんですよ、それもまた惹かれるポイントですね。感情の高ぶりを素直に表現しているように感じて、時には涙を見せながらという場面もありましたね。初めて観たのにどうしてここまで引き込まれるんだろうと不思議な感覚でした。

 

福岡の部屋から始まったドラマ

ツアーファイナルということもあって、家入さんの中でのドラマがすごく見えるライブでした。初めてだけど感動するライブで、ぜひ観に行ってほしいです。

これは少し余談ですが、最後アコギ一本で歌っていたんですが。最後アコギ一本で弾く感じも、福岡で育って家でずっと弾いていたというのを聞いていたので、なんだか最後「家に帰るんだな」と思ったんですよね。ここでやっと皆に見せて、また帰って曲を作るんだなぁみたいなのを観てて勝手に思いました。

イラスト & TEXT BY 芦沢ムネト
テキストまとめ:M-ON! MUSIC 編集部
LIVE PHOTO BY 田中聖太郎

SETLIST

01.Prime Numbers
02.愛してないなら
03.もし君を許せたら
04.Neon Night
05.君がくれた夏
06.Silly
07.すっと、ふたりで
08.Relax
09.JIKU
10.Whenever
11.この世界で
12.Bicolor
13.Spark
14.Overflow
15.ファンタジー
16.Bless You
17.サザンカ
[ENCORE1]
01.めがね
02.サブリナ
03.Bouquet
[ENCORE2]
01.Say Goodbye


プロフィール

イエイリレオ/福岡出身、1994年12月生まれのシンガーソングライター。2012年2月15日、シングル「サブリナ」でメジャーデビュー。

家入レオ OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2019.4.17 ON SALE
ALBUM『DUO』
Colourful Records/ビクターエンタテインメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • 芦沢ムネト

    芦沢ムネト

    アシザワムネト/1979年東京生まれ。多摩美術大学映像演劇科卒。お笑いユニット「パップコーン」のリーダーとして活躍する傍ら2011年末よりTwitterで掲載した癒し系キャラクター「フテネコ」が話題を呼び、現在Twitterのフォロワー数は13万を超える。音楽雑誌「ワッツイン」では、対談連載「芦沢ムネトのネコの手も借りたい!」を掲載中。