スパガ・阿部夢梨、17歳のバースデーイベントで決意あらた!「華やかな花を咲かせられますように」

■スパガ・阿部夢梨、「ゆめりんピック選手権」のコーナーではメンバーに猛クレーム!「私に無関心すぎない!?」

7月29日に17歳の誕生日を迎えるSUPER☆GiRLSの阿部夢梨が26日、東京・品川J-SQUAREにてバースデーイベント『阿部夢梨 17歳 生誕祭 ~あざといセブンティーンは嫌いですか?~』を開催した。

阿部は小学校5年生のとき、地元のアイドルグループに加入しアイドル活動を開始。2015年、エイベックス主催の『Girls Street Auditon』アイドル部門の最終審査に合格し、同年、トーキョー夢ぴよ組(e-Street TOKYO)のメンバーに抜擢。2016年開催の『iDOL Street Carnival 2016 6th Anniversary ~RE:Я|LOAD~』で、SUPER☆GiRLS“第3章”(3期)メンバーとしての加入が発表された。今年6月に発売された新曲「ナツカレ★バケーション」では初センターを務めるなど、大躍進を続けている。

阿部の誕生日を祝うべく会場に駆けつけた約150人のファンの前に、鮮やかなピンクのドレスで登場した阿部は「本日はお越しいただきありがとうございます。今日は、皆様に日頃の感謝を伝えたいと思います」と挨拶。会場からは盛大な拍手が送られ、生誕祭が幕を開けた。

挨拶のあと、「本日の主役コーナー」と題し、阿部がソロで3曲を歌唱。彼女の歌声に合わせて会場からは手拍子が送られ、メンバーはタンバリンを手に盛り上げた。阿部は歌い終えると「緊張した~!」と思わず本音を口にした。。

続いてのコーナ―は「ゆめりんピック選手権」。これは、4択の質問に対して阿部が選ぶ答えをファンとメンバーが当てるというもの。間違えるとその場で終了という形式であったが、なんと3問目でメンバー全滅。

これに対し阿部が「私に無関心すぎない!?」と突っ込むと、会場は笑いの渦に包まれた。最後まで正解したファンには、阿部直筆の手紙と阿部自らがデザインした生誕祭用Tシャツのプリントの原画がプレゼントされた。

その後も、メンバーが阿部をキュンキュンさせる「イケメンセリフ選手権」、メンバーそれぞれが今まで体験した面白いこと、焦ったことなどを話す「SUPER☆GiRLSのすべらない話」といった企画でファンを楽しませた。

イベントの終盤では、坂林佳奈が阿部との思い出を綴った手紙が読み上げられ、坂林と阿部の掛け合いの面白さに会場からは笑いが起こった。

そして、最後に阿部が「本日は来てくれて本当にありがとうございます。振り返ってみれば本当に濃い1年間でした。16歳前半は、失敗して壁にぶつかっての繰り返しだったんですけれども、それを経験したおかげで後半は憧れのセンターを経験させていただいたり、レギュラーラジオを持たせていただいたりと本当に幸せな毎日でした。それも、私を支えてくださった皆さんがいたからこそです。大好きです。華やかな花を咲かせられますように、皆さんのお力を貸してください。これからもよろしくお願いします!」にファンの呼びかけ、終始笑顔の絶えなかった生産祭を締めくくった。

なお、今回情報が解禁されたSUPER☆GiRLSの23thシングル「片想いのシンデレラ」でも阿部がセンターを務める。“清くあざといセブンティーン”阿部夢梨の今後の活躍に注目だ。


リリース情報

2019.06.12 ON SALE
SINGLE「ナツカレ★バケーション」 

2019.09.18 ON SALE
SINGLE「片想いのシンデレラ」


阿部夢梨 公式Twitter(@SG3_YUMERI)
https://twitter.com/SG3_YUMERI

阿部夢梨 公式Instagram(@yumeri_abe.official)
https://www.instagram.com/yumeri_abe.official/?hl=ja

SUPER☆GiRLS OFFICIAL WEBSITE
https://supergirls.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人