Base Ball Bear、スリーピースサウンドをさらに追求した新作EP『Grape』を9月に配信リリース

■「秋の果物のように、フレッシュに熟れ始めたバンドの楽曲たちをお楽しみください」(Base Ball Baer・小出祐介)

Base Ball Bearが、9月4日に新作EP『Grape』を配信リリースする。

3人体制となり、新章に突入したBase Ball Bearは、2018年よりスリーピースバンドとしての表現を試行錯誤を繰り返しながら追求。積み重ねたライブを通して、力強いバンドアンサンブルを獲得してきた。

メンバーが設立した新レーベル“DGP RECORDS(Drum Gorilla Park Records)からの第2弾作品となる『Grape』は、ギター、ベース、ドラムというシンプルな構成を見つめ直し、Base Ball Beaeならではのスリーピースサウンドにこだわり抜いて作り上げた作品。秋をテーマにした色彩豊かな4曲が収録される。

本作に収録される「いまは僕の目を見て」「セプテンバー・ステップス」「Summer Melt」「Grape Juice」を収めたCDと、今年の春に開催した全国ツアー『LIVE IN LIVE~17才から17年やってますツアー~』の各会場のステージを捉えた映像をオムニバス収録したオフィシャルブートレッグDVD『LIVE IN LIVE~17才から17年やってますツアー~〈OFFICIAL BOOTLEG VIDEO〉』がセットとなったパッケージ版の発売も決定。

こちらは、9月15日に東京・日比谷野外音楽堂で開催される『Guitar! Drum! Bass! Tour~日比谷ノンフィクションVIII~』と、9月28日からスタートする全国ツアー『Guitar! Drum! Bass! Tour』の会場限定販売となる。

なお、本日7月27日より日比谷野外音楽堂公演、ツアーの9月、10月開催分のチケットの一般発売が開始となった。

■小出祐介(g、vo)コメント
こんにちは、Base Ball Bearです。
2nd EP『Grape』は、1st EP『ポラリス』で見つけた3ピースのバンドサウンドをさらに追い求め、王道も遊びも自分たちの手の中にあるのだという歓びに溢れた作品となりました。
秋の果物のように、フレッシュに熟れ始めたバンドの楽曲たちをお楽しみください。
また、今作は基本的に配信でのリリースとなりますが、CD版を“物販として”会場限定リリースしてみます。
配信で聴くのがメインという方が増える一方で、CDもまだまだ生き残っている、2019年の日本。
自分たちのレーベルを立ち上げたからできる、作品との出会いや、CDを手にする体験についての提案です。
こちらの盤には『LIVE IN LIVE~17才から17年やってますツアー~』の模様を収めた、半ばDIY的に制作されたライブDVDが付いてきます。
そんな1st&2nd EPを引っさげて行脚する、9月15日の『日比谷ノンフィクションVIII』からの『Guitar! Drum! Bass! Tour』では、「バンド楽しー!」状態の我々の充実さを存分に体現したいと思っています。
各会場でお待ちしております!


リリース情報

2019.01.30 ON SALE
EP『ポラリス』

2019.09.04 ON SALE
DIGITAL EP『Grape』

2019.09.15 ON SALE
EP『Grape』
※ライブ会場限定販売


Base Ball Bear OFFICIAL WEBSITE
http://www.baseballbear.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人