藤井フミヤ、“引退”を語る。「ミック・ジャガーやポール・マッカートニーを見ていて、元気だったら引退がないことに気付いた」

■チェッカーズのデビュー日は「暇だった(笑)」(藤井フミヤ)

藤井フミヤが、7月9日、東京・タワーレコード渋谷店で開催されたイベントに出演し、トークとミニライブを披露した。

このイベントは3年ぶりのオリジナルアルバム『フジイロック』のリリース(7月10日リリース)を記念して行われたもの。会場にはアルバムを予約したファンの中から抽選で選ばれた150名が招かれた。

藤井フミヤはアルバム発売日の翌日(7月11日)が57歳の誕生日。昨年来、チェッカーズのデビューから35周年、ソロデビューから25周年のアニバーサリーイヤーを迎えている。

チェッカーズのデビュー日の9月21日は、意外にも「暇だった(笑)」。仕方なく、レコード店に自分たちのレコードが並んでいるのか、メンバーと確認に行ったそう。本来はロックンロールのバンドだったが、最初のチェックの衣装がいけなかったのか「あれでアイドルのイメージがついた最大の原因だったかなぁ」とデビュー当時を思い起こす。

また、これまでの35年については「まあまあ長く生きてるよね(笑)。覚えにくい年齢だよね57って。まだ大御所の域には入ってないけど、“小”御所ぐらいかなぁ」と振り返った。

3年ぶりのニューアルバム『フジイロック』は、前作の『大人ロック』(2016年)に続く“ロック”がキーワードの一枚。ジャケットには手塚治虫のキャラクター“ロック(間久部緑郎/まくべろくろう)”を起用。「たまたまロック続きになったけど、カタカナのタイトルをつけたくてね。今回のは、もちろんロックもあるけど、ラブソングもありと、ハッピーなアルバムになったかな」とニューアルバムについて語った。

気がつけば昭和、平成、令和の3つの時代を歌ってきた。ミック・ジャガーやポール・マッカートニーを見ていて「元気だったら引退がないことに気付いた。僕も次の時代になっても歌ってるかも」と生涯シンガー宣言。現在、10人の演奏家と演劇的要素も加わった『十音楽団(とおんがくだん)』の全国ツアーの真っ最中。さらに11月2日の仙台PITを皮切りに7大都市ライブハウスツアーを行う。ソロになってからのライブハウスツアーは初めてだ。「ちょっとハジけたいなと、みんなで騒ごうよってことでライブハウスツアーに。でも体力が必要だよ。俺もだけど、お客さんも(笑)。みんな気合い入れて、来てくれれば」と呼びかける。

トークに続いてはスペシャルミニライブ。ステージには、キーボード1台が置かれている。「ピアノ1本で歌うことなんて、あんまりないんだけど」と恥ずかしげにニューアルバム収録の「フラワー」に「ラブレター」、ソロデビュー曲の「TRUE LOVE」など、4曲を歌った。たった150人の小さな空間で、フミヤの生歌を聴けるとあってお客さんも大喜び。大きな歓声の中、藤井フミヤのトークイベントは終了した。

現在ツアー中の『十音楽団(とおんがくだん)』各公演のチケットは発売中(一部、完売会場あり)。11月から始まるライブハウスツアーのチケットは、先行受付を7月22日23時59分まで実施中だ。


リリース情報

2019.07.10 ON SALE
ALBUM『フジイロック』


藤井フミヤ OFFICIAL WEBSITE
http://www.fumiyafujii.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人