元ポルノグラフィティ・白玉雅己(Tama)も登場! “カープ女子”ドラマで大人気の高田夏帆が、初の生歌唱パフォーマンスを披露

■超満員の会場に、本人びっくり。「え〜、こんなにたくさん、後ろまで……」

高田夏帆が、シングル「大航海2020 ~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」で本日7月10日にCDデビュー。これを記念して、HMV & BOOKS SHIBUYAにて初生歌唱パフォーマンスが開催された。

初生歌唱パフォーマンスの応援には、編曲で参加した元ポルノグラフィティの白玉雅己(Tama)、カープ女子神3のひとりとして人気のバイオリニスト・天野恵が駆け付けた。

平日17時スタートと早い時間にも関わらず、会場となったHMV & BOOKS SHIBUYA 7Fは超満員。ステージに登場した高田夏帆も「え~、こんなにたくさん、後ろまで……」とびっくり。「元気をたくさん与えなければと思うんですけれど……与えてもらってます」と集まったファンに笑顔で感謝を伝えた。

まずは、デビュー曲「大航海2020 ~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~ Music Video 海の上で篇」を初公開上映。さらに元ポルノグラフィティの白玉雅己(Tama)、カープ女子神3のひとりとして人気のバイオリニスト・天野恵を迎えてのトークコーナーに。

「声がしっかり出てて活舌も良く、張ったときの声質に柔らかさがあるので、スローな感じの曲も聴いてみたいと思いました」という白玉雅己(Tama)の感想に、「え? リクエスト?」とかわいく微笑む高田夏帆に、会場は和やかな雰囲気に。

天野恵も「天真爛漫でかわいくて……。歌声も曲に合っていて、すごいなと思いました」とコメントした。

そして、「後ろの方まで届くように歌います! 応援、よろしくお願いします!!」と意気込み、いざ、デビュー曲「大航海2020 ~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」の初生歌唱パフォーマンスへ。

先日オンエアされたTBS PLAYLISTでのテレビ歌番組初歌唱でも披露した赤いギターを下げ、笑顔いっぱいでの歌唱に客席からも大きな歓声と拍手が。演奏に参加した天野恵のバイオリンの美しい音色も会場に響き渡り、会場は大盛り上がり。初生歌唱パフォーマンスは大成功のなか、幕を閉じた。

主演を務める、RCCテレビ60年特別企画『恋より好きじゃ、ダメですか?』は、最高視聴率が4月~のRCC放送ドラマの中で最高視聴率となる、23.0%を記録!

朝ドラ超え! と話題になっているカープ女子を主人公にした連続ドラマ。広島カープ戦の中継が早く終わったときにのみ放送される、放送日未定という異例のドラマだが、RCC PLAY!にてWEB上でも視聴可能なので、全国どこからも視聴可能だ。

その劇中歌となる「大航海2020 ~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」は、メンバーの多くが広島出身でカープファンとして知られるユニコーンの最新アルバム『UC100V』(読み:ユーシーヒャクボルト)収録の、EBI作詞作曲の「大航海2020」(読み:ダイコウカイニ―ゼロニ―ゼロ)のカバー。

カープ女子神3のうちのひとりとして知られる、バイオリニストの天野恵も参加。カップリングには広島カープの応援歌として多くのカープファンのアンセムとなっている「それ行けカープ(若き鯉たち)」の高田夏帆 ver.を収録。2曲とも、広島出身の元ポルノグラフィティ白玉雅己(Tama)が編曲を行った、広島一色の内容となっている。

フリーライブ&CD購入者対象特典会は、7月10日~13日広島、7月14日渋谷、7月15日横浜でも開催。7月13日は『ひろしまライフスタイル博 』(広島グリーンアリーナ)に出演し、高田夏帆にとってこれまでで最高規模となるアリーナでのステージ歌唱も行う。入場無料のフリーライブとなるので、アリーナでの初歌唱パフォーマンスを、ぜひ目撃しよう。


リリース情報

2019.07.10 ON SALE
高田夏帆
SINGLE「大航海2020 〜恋より好きじゃ、ダメですか?ver.〜」


番組情報

中国放送  RCCテレビ60年特別企画リリーフドラマ
『恋より好きじゃ、ダメですか?』

初回放送:4月3日(水)
※以降、9月末まで、放送表内の野球中継時間が早終わりのタイミングにてオンエア
ドラマ放送時間:15分程度
ドラマ話数:全12回放送予定


『恋より好きじゃ、ダメですか?』番組サイト
http://tv.rcc.jp/tv60-koidrama/

高田夏帆 OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/takadakaho/?hl=ja

高田夏帆 OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/kahotakada


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人