indigo la Endのバンドマジックを雨降る野音で体感した芦沢ムネト【イラストLIVEレポート】

フテネコの生みの親・芦沢ムネトによる、イラストレポート。今回は、indigo la End(インディゴ ラ エンド)の追加単独公演『abuku』へ行くことに。雨が降りしきる日比谷野外大音楽堂で、「あっという間」だったと語る芦沢ムネトは、何を感じたのか?

この記事の画像一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡