水野良樹(いきものがかり)のプロジェクト“HIROBA”、第2弾音楽作品で高橋優と同世代コラボ

■「『一緒に曲をつくってください』と頼みにいった初回の打ち合わせから、会話には熱があって、その熱が冷めないまま2曲出来上がりました」(水野良樹)

“考えること つながること つくること”。これらをもっと豊かに楽しむための“場”を自分自身の手でつくりだしたい。

そんなコンセプトのもと、いきものがかりのメンバーであり、ソングライターの水野良樹が、今年の春に立ち上げた新プロジェクト「HIROBA」。

現在、音楽作品のみならず様々なアーティスト、クリエイターとの対談、水野自身の手によるテキストコンテンツなど、アーティスト個人によるパーソナルメディアとして、HIROBAのオフィシャルサイトで様々な記事、作品が公開されている。

そして、4月に発表された小田和正との共作楽曲「YOU(with 小田和正)」につづき、シンガーソングライター高橋 優とのコラボレーションが決定。

HIROBAの第2弾音楽作品として、8月14日にCDシングル「僕は君を問わない (with 高橋 優)」がリリースされる。

水野良樹と高橋 優は水野が82年生まれ、高橋が83年生まれの同世代。

今作は、ともに同じ時代環境のなかで育ち、様々な問題意識を共有できたふたりだからこそ成立した共演。高橋 優がつむいだ歌詞に、水野良樹がメロディで応え、「僕は君を問わない(with 高橋 優)」と「凪(with 高橋 優)」の2曲が完成した。人間の内面における攻撃性と保守性。両者のあいだでの葛藤が、対極のサウンドとなった2曲を通して表現されている。

ひりつくような熱いボーカルの絡み合いがスリリングな「僕は君を問わない(with 高橋 優)」は、水野、高橋ともに親交の深い亀田誠治が編曲。荒々しいサウンドが歌詞の力強さによりドライブをかける。

打って変わって「凪(with 高橋 優)」は、抑制の効いたサウンドの中で、今にも飽和してしまいそうな感情が切々と歌い上げられる。ボーカルとともに今作の重要なモチーフとなるギターソロは水野自身の演奏によるもの。編曲は森 俊之が担当した。

リリース情報の発表とあわせて、YouTubeにてレコーディングドキュメントも公開。楽曲制作の貴重な映像を観ることができる。

さらに、HIROBAのオフィシャルサイトでは、「僕は君を問わない(with 高橋 優)」と「凪(with 高橋 優)」の歌詞と、水野によるコラムを掲載。

また、本日7月8日24時からJ-WAVEで放送される水野のレギュラーラジオ番組『SPARK』で、この2曲が初オンエアされる。

■水野良樹 コメント
曖昧な言葉をつかうと”時代”というワードになってしまうのですが。
うまく言語化できない部分もふくめて、同じ風のなかを歩いてきたんだなという感覚を、同世代のひととは持つことができます。そんな同世代のミュージシャンと向き合ってみたい。
そこで思い浮かんだひとが高橋 優さんでした。
「一緒に曲をつくってください」と頼みにいった初回の打ち合わせから、会話には熱があって、お互いとまらなくて、その熱が冷めないまま2曲出来上がりました。
こころよく向き合ってくださった高橋さんに感謝します。
「激しくて、静か」
なんだか矛盾するようですが、矛盾をパワーとして詰め込むことができたような2曲だと思います。
ぜひお聴きください。


リリース情報

2019.08.14 ON SALE
SINGLE「僕は君を問わない(with 高橋 優)」


番組情報

J-WAVE『SPARK』
07/08(月)24:00~
パーソナリティ:水野良樹


HIROBA 水野良樹×高橋 優レコーディングドキュメント
https://youtu.be/CIOmQeLIT28

J-WAVE『SPARK』番組サイト
https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

HIROBA OFFICIAL WEBSITE
http://hiroba.tokyo

いきものがかり OFFICIAL WEBSITE
https://ikimonogakari.com/

高橋 優 OFFICIAL WEBSITE
https://www.takahashiyu.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人