鬱屈とした青春と、行き場のない衝動。思春期の暗黒面をえぐり出す、映画『惡の華』主題歌にリーガルリリーが抜擢

■「初めて曲を聴いたとき、本当に涙が止まりませんでした」(映画『惡の華』涌田秀幸プロデューサー)

累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』が9月27日より全国公開となる。

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、『ViVi』の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌『ニコラ』で注目を浴びた16歳の次世代モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢された。

そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、モデル、女優と大活躍中の飯豊まりえが扮するなど、最旬キャストの共演も見逃せない。

原作『惡の華』は、別冊少年マガジンに2009年から5年間にわたって連載され、『このマンガがすごい!2011』にランクイン、『マンガ大賞2012』にもノミネートされ、コミック連載中にテレビアニメ化、2016年には舞台化も果たした。

そして今回、原作者の逆指名によりメガホンをとったのは井口昇監督。瑞々しいタッチで青春を描き続ける岡田麿里脚本との化学反応が見事に生まれ、思春期に、今、苛まれているすべての少年少女と、かつて思春期に苛まれたすべてのかつての少年少女に捧げる映画が誕生した。

そしてこのたび、ガールズ3ピースバンド、リーガルリリーが主題歌として書き下ろしの新曲「ハナヒカリ」を提供したことが明らかになった。リーガルリリーにとっては、初の映画タイアップとなる。

本作の涌田秀幸プロデューサーは、彼女たちへのオファー理由を「映画を製作していくうえで、原作漫画にはない“音”を付けていくという作業は、実はとても慎重に取り組んだことのひとつでした。舞台化やアニメ化はしているものの、原作の世界観を大事にしたい。そこで偶然出会ったのがリーガルリリーさんの『overture』という曲に出てくる、“君は景色を殺せるのだよ”という歌詞、そしてさらに決め手となったのは『リッケンバッカー』という曲の“おんがくも人をころす”という強烈なワードでした。彼女たちの音楽を聴いたとき、なぜか春日と仲村ふたりの姿が浮かんできました。春日と仲村たちに年齢が近く、その年代にしか書けない“哲学”を見事に表現していたのがリーガルリリーさんだったのです。音楽、歌詞、そして歌声、どれもが惡の華の主題歌をお願いするうえで、これ以上ない理想的なものを持っていたのです」と語る。

元々原作者・押見修造の大ファンで、原作コミックを読んでいたという、たかはしほのか(vo&g)は、「『惡の華』は、高校生のときに何度も読み返した漫画のひとつで、当時の、自分が宝物にしていた記憶が映画の中でも感じられました。役者さんも、まるで漫画の中の行間も表現するように、自然な雰囲気をまとっていました。とても素晴らしい作品でした」と映画へコメントを寄せた。

そしてコミックを初めて読んだときの衝撃を大事にしつつ、書き下ろしの楽曲を制作。「高校生から4年ほど経ちましたが、爆発は、形を変えて、音にすると、かなしみといらだちを行ったり来たりするだけになりました。なぜ、そこで爆発できないのかというと、もう、だれも守ってくれないからです。次は自分が誰かを守るようになるのです。そういうことを思って書きました」と楽曲に込めた想いを明かした。

そして完成した楽曲を聴いた涌田プロデューサーは「初めて曲を聴いたとき、本当に涙が止まりませんでした。儚さと強さの共存、そして“周りに照らされた君が1番、綺麗だった。”という歌詞を聞いたとき、そこには満月を背景に佇む仲村さんがいて、春日が泣いている表情が見えました。まさしくふたりの関係性そのものを描いている曲で、感無量以外の言葉がありませんでした。10代そして20代の思春期に間違いなく届く、と確信したのを覚えています」と自信をのぞかせた。

なお、本作の挿入歌として1stミニアルバム『the Post』収録の再録版となる「魔女」が使用されていることもあわせて解禁となった。「魔女」は、たかはしほのかが『惡の華』を読んでいた、高校生の時期に制作した楽曲でもあり、こちらもとても縁深いものとなった。

さらに映画公開週の9月25日には「ハナヒカリ」と「魔女」を収録した1stシングル「ハナヒカリ」をリリースすることも決定。儚く透明感のある詞世界を音の渦に乗せて切り裂くように届けるリーガルリリーと、伊藤健太郎・玉城ティナといった若いパワーが集結して完成した映画『惡の華』の公開を楽しみに待とう。

リーガルリリー・たかはしほのか(vo&g) コメント
『惡の華』は、高校生のときに何度も読み返した漫画のひとつで、当時の、自分が宝物にしていた記憶が映画の中でも感じられました。役者さんも、まるで漫画の中の行間も表現するように、自然な雰囲気をまとっていました。とても素晴らしい作品でした。

挿入歌「魔女」は、高校生の頃、『惡の華』をよく手にとっていた頃に作りました。私の内なる爆発物は、音楽にすることによって、叫んでもだれにも怒られません。映画チームの方がこの曲を気に入ってくれて、この話をいただいたので、とてもうれしかったです。
偶然は素敵なものです。作品と、監督、役者、この曲のすべての爆発が交わるシーンは、とても素敵なものでした。

主題歌には「ハナヒカリ」という曲を書き下ろしました。
高校生から4年ほど経ちましたが、爆発は、形を変えて、音にすると、かなしみといらだちを行ったり来たりするだけになりました。
なぜ、そこで爆発できないのかというと、もうだれも守ってくれないからです。
次は自分が誰かを守るようになるのです。そういうことを思って書きました。


映画情報

『惡の華』
9月27日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
出演:伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾
原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
監督:井口昇
脚本:岡田麿里
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」(Office Augusta / Bandwagon)
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)押見修造/講談社 (C)2019映画『惡の華』製作委員会


映画『惡の華』作品サイト
akunohana-movie.jp

リーガルリリー OFFICIAL WEBSITE
https://www.regallily.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人