乃木坂46・堀未央奈、“初”づくしの主演映画公開に感涙!「1分1秒、愛を込めて作っていきました」

■映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』初日舞台挨拶に堀未央奈(乃木坂46)、清水尋也、板垣瑞生(M!LK)、間宮祥太朗、桜田ひより、上村海成、山戸結希監督が登壇!

乃木坂46の堀未央奈が映画初出演で、初主演を務める映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の初日舞台挨拶が6月28日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われ、キャストの堀未央奈、清水尋也、板垣瑞生(M!LK)、間宮祥太朗、桜田ひより、上村海成、メガホンを取った山戸結希監督が登壇した。

『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、相原実貴による少女マンガ『ホットギミック』を実写化した青春恋愛映画。堀演じる平凡な女子高生・成田初が、同じマンションに住む3人の男性との“3つの初恋”を経験するなかで、自分を見つけていく姿が描かれる。

今回の舞台挨拶の会場は映画のロケ地でもある豊洲。映画の撮影以来、久々に豊洲を訪れた堀は「初(はつみ)自身そして私自身としても思い出の場所。良かった」と感慨深げ。

イベントでは堀が“初出演”で“初主演”、さらには演じた役の名前が“初(はつみ)”と“初”づくしである本作にちなんで、登壇者たちが“一文字・書初め”で“新時代の青春恋愛映画”と銘打たれた本作の魅力をアピールした。

堀未央奈(選んだ一文字「叫」)「この映画中では様々なキャラクターの心の叫びが一瞬一瞬、描かれた作品。毎日いろんな悩みで苦しんでいる方を後押しできるのではないかと思って演じていたので、その叫びがたくさんの人に届いたらいいなと感じてこの言葉を選びました」

清水尋也(選んだ一文字:「創」)「この作品がこの先、日本の映画界においてどんな存在になっているかを考えた時ときに、この映画が新しい恋愛映画の元祖になっていてほしいと思うし、そういった道筋を作ったと思っているので願いをこめてこの字にしました」

板垣瑞生(選んだ一文字:「光」)「作品の中で様々な光がある作品なんです。今たくさんの方々がいろんな悩みをかかえている時代、それぞれの人にとってこの映画が光になるような作品になればいいなという思いでこの言葉を選びました」

間宮祥太朗(選んだ一文字:「瞳」)「一瞬一瞬、撮影を重ねるごとにかわっていく。そんな体験をこの映画でしました。言葉が多くないぶん、山戸監督から瞳に対しての演出が多かったので瞳にしました。瞳の中の色や温度が全然違うので魅力を感じておりました」

桜田ひより(選んだ一文字:「瞬」)「この映画は毎回撮るたびに表情が変わったり瞬間を切り取ったような作品になっています。見てくださった人にもそこを見てほしいと思っています。そして見てくださった方にも自分自身で考えてみてもらえたらうれしいです」

上村海成(選んだ一文字:「溶」)「役者として、山戸監督の世界観に溶け込んでいけるような気持ちでした。改めてこの作品で皆さんの世界でも溶け込めるような作品になるといいなと感じてこの言葉を選びました」

山戸結希監督(選んだ一文字:「色」)「古代のアリストテレスの言葉で、昔は“青”という色が認識されていない時代がありました。この作品はいろいろな色が出てくるんですが、皆さんにとってこの作品はどんな色だったのか思い出してもらえたら、うれしいです」

そして、最後に山戸監督は「本当に『ホットギミック ガールミーツボーイ』のような映画を撮る機会をいただけていることが光栄です。『女の子のために、ティーンズムービーを撮られてるんですね』と驚かれることがあるのですが、女の子向けの映画を女の子のために撮らないなんてこの世にありえていいのかなと驚いていました。たったひとりの女の子に向けた映画がたくさんの人に届いたらすごくうれしいです。その最初の日にお越しくださり、ありがとうございました」と挨拶。

堀は「映画が無事公開され、うれしく思います。これからたくさんの女の子や男の子が観てくださると思いますが私自身、この映画と10代のときに出会っていたかったなと演じながら思っていました……。山戸監督がたくさんの愛を作ってくださって、スタッフ、キャスト共に、この映画をたくさんの人に届けたいという思いで、一生懸命1分1秒、愛を込めて演じたということよりも心の底からセリフを言って作品を作っていったので、10代、20代の方はもちろん、大人の方にもこの映画を観てすごくよかったなと思ってもらえたらいいなと思っています。ぜひ最後まで観てください」と涙ながらに、本作にこめた想いを観客に伝えた。


映画情報

『ホットギミック ガールミーツボーイ』
大ヒット上映中
キャスト:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生 / 間宮祥太朗
桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也
反町隆史 吉岡里帆
原作:相原実貴『ホットギミック』(小学館『ベツコミ フラワーコミックス』刊)
監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』ほか)
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会


『ホットギミック ガールミーツボーイ』作品サイト
http://www.hotgimmick-movie.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人