早見あかり、アキラ100%が好演! HANDSIGN、実話を基にした感動の新曲MV「声手(こえて)」公開

■HANDSIGNの実話シリーズ第3弾「声手(こえて)」MVは、早見あかり演じる女性が困難を“超えて”いく物語

ボーカル×ダンス×手話パフォーマンスユニット、HANDSIGNの実話シリーズ第3弾「声手(こえて)」(6月26日リリース)のミュージックビデオが公開された。

今作はボーカル=声、手話=手というHANDSIGNのパフォーマンススタイルをそのまま楽曲タイトルとし、仕事の中で直面する様々な出来事を、人との繋がりの中で「超えて」いこうとする主人公の挑戦を描いたミュージックビデオとなっている。

仲間と困難を乗りこえて働く女性役を早見あかり、彼女を支える店長役をアキラ100%が好演。「勇気」を持って踏み出した背中を押してくれる手のぬくもり、誰かがまた誰かを支えて繋がっていく前向きな連鎖を、声と手で奏でるアップテンポな楽曲だ。

現在行われているリリースイベントでも、サビを一緒にその場で覚えてすぐに参加でき、自然に手話に触れられると世代を超えて好評だ。

実話を基にした、ノンフィクションプロジェクト第1弾「僕が君の耳になる」は耳の聞こえない女子学生の学生生活を綴った内容で、口コミから広がり、現在ミュージックビデオのYouTube再生数が400万回を突破。第2弾「この手で奏でるありがとう」は耳の聞こえない家族の中で、ひとりだけ耳が聞こえて生まれてきた少女の成長の物語だ。


リリース情報

2019.06.26 ON SALE
SINGLE「声手」


HANDSIGN OFFICIAL WEBSITE
http://hand-sign.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人