横浜流星主演、映画『いなくなれ、群青』より飯豊まりえ演じるヒロインをフィーチャーした新映像「真辺編」解禁

■飯豊まりえ演じるヒロイン・真辺由宇は、主人公・七草(横浜流星)の幼なじみで、“真っ直ぐで、正しく、凛々しい”女子高校生!

横浜流星と飯豊まりえが主演を務める、映画『いなくなれ、群青』(9月6日全国ロードショー)の新映像「真辺編」が公開された。

第8回『大学読書人大賞』受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得した河野裕の青春ミステリー小説『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)。同作を第1作とする「階段島」シリーズは、シリーズ累計90万部を記録している。

謎だらけの階段島を舞台にした唯一無二の世界観と、心に深くくさびを打つような美しい文章で、広く熱く愛されている原作の空気感を大切に再現したのは、アメリカの高校在学中に『バッカイフィルムフェスティバル』のオハイオ州優秀賞を受賞した新鋭・柳明菜監督。

「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な主人公の七草には、今、最も観たいと熱望される存在となった横浜流星。彼の幼なじみで“真っ直ぐで、正しく、凛々しい”ヒロイン・真辺由宇を飯豊まりえが体現する。

そして、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、TVアニメ『化物語』など数々の作品で知られる神前暁(こうさきさとる)が音楽を手がけ、さらに新しい才能たちの挑戦に刺激を受けた小林武史が主題歌のプロデュースを担当、ピュアなSalyuの歌声による「僕らの出会った場所」が、思いがけない結末への驚きを感動の高まりへと誘う。

6月5日に公開された特報「七草編」に続き解禁となった「真辺編」は、「この島の人たちは、捨てられた人たち」という七草の台詞から始まり、「私たちは誰に捨てられたの?」と、誰よりも真っ直ぐで、誰よりも純粋な真辺が七草に疑問をぶつける場面が映し出される。

美しいピアノの音色が階段島で暮らす人々の日常を運んでいくなか、七草の通う学校に真辺が転校してきたことで平穏だった日常に変化が訪れ、「僕は真辺由宇がこの島に来たことが許せなかった」という台詞が、七草と真辺の再会によって動き出したふたりの運命を物語る。

その後、「簡単に人を捨てていけるような場所なんてあっていいはずない」「一緒にいちゃいけない人間なんて、いるはずないよ」という真辺の印象的な台詞とともにふたりの切ない表情や、淡い光の中の微笑みが美しくも儚く描かれていく。

そして、「私と一緒にこの島を出るって約束してくれる?」という真辺の問いかけに対する七草の答えとは? 七草と真辺を待ち受ける運命が、いやがうえにも気になる映像に仕上がっている。

唯一無二の世界観を美しい映像で綴る、映画『いなくなれ、群青』は、9月6日全国ロードショー。


映画情報

『いなくなれ、群青』
9月6日(金)全国ロードショー
原作:河野裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)
出演:横浜流星 飯豊まりえ
矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆 / 黒羽麻璃央
伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗
監督:柳明菜
脚本:高野水登
音楽:神前暁
主題歌:Salyu「僕らの出会った場所」
主題歌プロデューサー:小林武史
配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ
(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会


映画『いなくなれ、群青』作品サイト
http://inakunare-gunjo.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人