J☆Dee’Z、“Jewel”に改名! 「もっと大きなステージに立ちたいという気持ちでの改名です」

■「もともとJ☆Dee’Zの“J”は“Jewel”の頭文字で、自分たち自身が宝石のようにきらきらと輝くという意味を込めました」(Nono)

全員が2000年代生まれ、平均年齢18歳のボーカル&ダンスグループ、J☆Dee’Zが、6月13日より“Jewel”へと改名することを自身のワンマンライブにて発表した。

J☆Dee’Zは2010年にキッズダンスグループとして結成。口パク一切なしのALL生歌、「ボディーパーカッション」を取り入れた迫力あるダンスを武器に、唯一無二のパフォーマンスを発信してきた。そんな彼女たちは、6月13日に結成10周年を迎え、『J☆Dee’Z 10th Anniversary Party!!!』と題して、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブを行った。

ソールドアウトとなった会場に突如流れたVTR。メンバーの顔がひとりずつアップになり、MOMOKAが自らの髪をカットするシーンが流れると会場は騒然。颯爽と登場した3人はそれぞれ“イメチェン”した姿になっており、手に持ったダンボールで力強くリズムを叩きながらアカペラで歌い上げステージがスタート。初っ端から客席からは大歓声が上がった。

10周年記念ライブということで、1stシングル収録の「Let the music flow」や「Beasty Girls」など懐かしいナンバーを含め、まるで彼女たちの10年の軌跡を辿るようなセットリストが展開された。

そして、本編が終了し会場から大きなアンコールの声援が上がると、再びスクリーンに映像が。結成から現在までの彼女たちの10年の軌跡が紹介されると、amiの語りが静かに始まる。「決意を込めて、10年間ともに歩んできた名前を変えることにした」とのメッセージが響き渡ると会場は再び騒然。現れたメンバーはモノトーンのスタイリッシュな衣装に身を包み、新曲「Jewel -next story-」を初披露。気持ちのこもった歌声に、会場には涙するファンの姿も見られた。

MCでは、Nonoが「最後まで悩んで悩んで決めました。もっと大きなステージに立ちたいという気持ちでの改名です。元々J☆Dee’Zの“J”は“Jewel”の頭文字で、自分たち自身が宝石のようにきらきらと輝くという意味を込めました」、amiが「不安もありました。でも、さらに進化して皆さんと一緒に素敵な景色を分かち合いたい。という思いです。皆さんいつもありがとうございます」と、ファンへの感謝の気持ちを語った。

MOMOKAは「応援してくださっている皆さんに直接伝えたかったので、今日ここで発表しました。マイナスな気持ちではまったくないです! これからもついてきてください!」と力強く投げかけると、会場からは長くあたたかい拍手が沸き起こった。

Nonoの曲紹介から始まったのは、“Jewel”として初のシングルの表題曲「前へ」。メンバーの決意と意志が込められた1曲に、会場からは大きな拍手と熱い声援が響いた。

彼女たちにとって10枚目、そして“Jewel”となってから初となるシングル「前へ」は7月24日にリリース。この日初披露された「Jewel -next story-」は、6月14日から先行配信リリースされるのでこちらも見逃せない。

さらに、公開されたばかりの新アーティスト写真にも注目だ。

<セットリスト>
01.Let the music flow
02.DISCO WINNER
03.Beasty Girls
04.Secret Summer
05.Dream Arch
06.君にStrike
07.Re:100万回の「I love you」
08.Chocolate
09.Crazy For You
10.ORIGINAL
11.Fun Time Funk!!!
12.Answer ?acoustic ver-
13.MORNING HOPE
14.Melody
15.いますぐに会いたい
16.だいすき
17.あと一歩
En01.Jewel-next story-(新曲・初披露)
En02.前へ(新曲・初披露)

PHOTO BY 鳥居洋介


リリース情報

2019.07.24 ON SALE
Jewel
SINGLE「前へ」


Jewel OFFICIAL WEBSITE
https://www.jewelofficial.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人