aiko、シングルコレクション『aikoの詩。』を語る!「まさに“人生のアルバム”やなって思います」

2019.06.12

■「泣く泣く落選のハンコを押さなきゃいけない曲が出てくるのが本当に苦しくて仕方なかったです。ほんとはもっと入れたかった(笑)」(aiko)

aikoの自身初となるシングルコレクションアルバム『aikoの詩。』が、6月12日発表の最新オリコン週間合算アルバムランキングで1位を獲得。CDアルバムランキングでも通算10作目の1位獲得となった。

6月5日に発売された本作は、1998年にリリースされた1stシングル「あした」から昨年発表した38thシングル「ストロー」までの38枚のシングル作品の両A面シングルを含む表題曲を網羅した全42曲を収録したCD3枚と、シングルカップリング曲を1枚にまとめたカップリングベスト盤からなるCD4枚組。Disc1~3には、これまでのシングル表題曲が時系列ではなく、aiko自身によって決められた曲順で並んでおり、Disc4にはaikoが厳選したカップリング曲が全14曲収録されている。

さらに、ライターのもりひでゆきによる「aikoの詩。」オフィシャルインタビューが、aikoオフィシャルサイトにて公開された。

今回公開されたインタビューでは、自身の幼少期の写真があしらわれたジャケット写真について語っているほか、「今回のアルバムができたことで、“私はここまでちゃんと息をして生きてこれたんやな”ってあらためて思えて。すごく感慨深くなりました。1曲ごとに、それを作った当時の自分のことが鮮やかに甦ってもきますしね。そういう意味でも、まさに“人生のアルバム”やなって思います」と自身初のシングルコレクションを振り返っている。

また、曲順について「3枚のディスクに分けて収録したシングル(表題)曲は、3つのテーマでライブのセットリストを組むように並べていったんですよね。そこに関してはイメージしやすかったから案外、スムーズに決まりました。ただ、カップリング曲は選曲も含めてかなり大変で。収録時間の関係上、泣く泣く落選のハンコを押さなきゃいけない曲が出てくるのが本当に苦しくて仕方なかったです。ほんとはもっと入れたかった(笑)」と、時系列順でなく選定された曲順の選定理由についても明かしている。

オフィシャルインタビューでは、そのほかファンへのメッセージも掲載されているので、ぜひチェックしよう。

aikoは、6月14日にテレビ朝日系『ミュージックステーション』、6月15日にTBS系『CDTV』に出演予定。こちらも要チェックだ。


リリース情報

2019.06.05 ON SALE
ALBUM『aikoの詩。』


『aikoの詩。』オフィシャルインタビューはこちら
https://aiko.com/discography/15020.html

aiko OFFICIAL WEBSITE
http://aiko.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人