ゴールデンボンバーの令和パフォーマンスは最高だったけど、つい書きたくなってしまうMステのアレな演出

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

[前編]では様々なイケメンたちやリトグリについてお届けしましたが、[後編]は各所で話題になりつつあるこちらのバンドの話題からどうぞ。

 

Official髭男dism:ネクストブレイク候補の堂々たる姿

17日の放送に出演した“ヒゲダン”ことOfficial髭男dism。Mステ2度目の出演となったこの日は、映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌の「Pretender」を披露しました。

前回はファンを前にしたライブ形式のステージでしたが、このバンドはそういった“ライブ感”“フェス感”よりもこの日のスタジオパフォーマンスのような“大衆に向けたバンドのあり方”のほうがはまるような気がします。

一つひとつの音の選び方などは現行のポップスの流れを踏襲しつつ、Aメロ~Bメロ~サビごとにメリハリのついた美しいメロディや成就しない想いの切なさを描き出す歌詞など、幅広い層に受容される素質は十分。4月のMステに出演していたKing Gnuとはまた違った形でブレイクへの道を進んでいきそうな予感です。

 

ゴールデンボンバー:いつも何かやってくれる人たち

毎度おなじみの衝撃(笑劇?)のステージを見せてくれたのが、10日のMステに出演したゴールデンボンバー。この日は新元号の決定と同時に発表された楽曲「令和」をパフォーマンスしました。この曲がEDMというよりはユーロビートと形容したほうが正確と思われるハイテンションなサウンドになっているのは、“音楽バブル”としての平成の時代を中心的な存在として支えた小室哲哉へのオマージュでしょうか。

この日は歌唱前に「嵐さんみたいな大量の紙吹雪をオーダーした」「特別な演出」という説明(フリ?)が本人たちからありましたが、そのコメントどおりに曲中には歌唱の邪魔になるほどの紙吹雪がスタジオに舞い上がりました。

最終的にはその紙吹雪が“令”の字にまとまり、メンバー4人で作った人文字“和”と合わせてあらたな元号を画面に浮かび上がらせてフィニッシュ。相変わらずのショーマン精神には本当に頭が下がります。

 

ゴールデンボンバーは面白かったけど………“企画もの”偏重は出演アクトにも

当連載では常々「最近のMステ、アーティストのパフォーマンス以外の企画コーナーがなんかズレてますよね」という問題提起をしてきているのですが、5月に関しては「企画コーナーのノリがアーティストのパフォーマンスにまで影響してきているのでは?」と思わざるを得ないラインナップになっていました。

例えば17日にはブルゾンちえみがソロデビュー曲を披露し、さらにMay J.が自身のカバーアルバムに収録されている「愛が生まれた日」を歌うためにデーモン閣下とともに出演。

31日には映画『小さな恋のうた』の出演者がMONGOL800とともに同曲を披露すべく登場。いずれのパフォーマンスとも見どころがなかったわけではないですし喜んだ人たちもいるはずですが、個人的には「Mステの貴重な放送時間を割いてやるべき内容なのか?」という疑問が強く残りました。

また、「愛が生まれた日」「小さな恋の歌」は90年代と2000年代初頭のヒット曲ですが、“令和最初の放送”と銘打たれた10日のMステでも“平成のヒット曲”ということで岸谷 香がプリンセス プリンセスの「世界でいちばん熱い夏」を歌唱するなど、“やたらと古い曲を紹介する”という傾向が企画コーナーだけでなく出演者選びにも波及してきている匂いもプンプンしています。

人気のお笑い芸人の歌や“懐メロ”の紹介には“いかにMステを間口の広い番組として成立させるか”というトライの意味合いもあるとは思うのであまり悪し様には言えないのですが、最近リアルタイムで面白い人たちがたくさん出てきている日本の音楽シーンの状況がMステのこの感じに反映されているとは到底思えず、ついつい書いてしまいました。「今の日本の音楽は面白いし、Mステからはそれが伝わってくるよね!」という状況にちゃんとなってほしいのですが……。

 

次回のMステは6月7日。最近新譜をリリースしたカーリー・レイ・ジェプセンのステージに注目したいと思います。それでは来月もよろしくお願いします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2019年5月10日放送分 出演アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ「きみがいいねくれたら」
Hey! Say! JUMP「Lucky-Unlucky」
ゴールデンボンバー「令和」
Official髭男dism「Pretender」
手嶌 葵「こころをこめて」
イル・ヴォーロ「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」
岸谷 香「バタフライ」「世界でいちばん熱い夏」

【2019年5月17日放送分 出演アーティスト】
ブルゾンちえみ「#Enjoy Your Life」
亀梨和也「Rain」
[ALEXANDROS]「Pray」
西川貴教「UNBROKEN(feat. 布袋寅泰)」
ラストアイドル「大人サバイバー」
May J. duet with デーモン閣下「愛が生まれた日」

【2019年5月31日放送分 出演アーティスト】
乃木坂46「Sing Out!」
小さな恋のうたバンド feat. MONGOL800「小さな恋のうた」
布袋寅泰「Give It To The Universe(feat. MAN WITH A MISSION)」
Hey! Say! JUMP「愛だけがすべて -What do you want?-」
Little Glee Monster「君に届くまで」
THE XXXXXX「冷静に暴れていこうか(Rearrange)」
椎名林檎と櫻井敦司「駆け落ち者」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人