米津玄師、映画『海獣の子供』原作者・五十嵐大介とのスペシャル対談が実現

■米津玄師×五十嵐大介対談は、映画『海獣の子供』の中にも登場する「新江ノ島水族館」にある「相模湾大水槽」をバックに実施!

ミュージックビデオ1,000万回再生を“自身最速”で突破し、話題沸騰中の「海の幽霊」がついに本日配信開始となった。ジャケットは五十嵐大介が書き下ろしたことでも話題に。これまで全作品、ジャケットは米津自らイラストを描いていたが、今回初めて、五十嵐に依頼することとなった。

また、映画『海獣の子供』公開を記念して、原作者・五十嵐大介と、主題歌・米津玄師のスペシャル対談が特設サイトにて掲載がスタートした。

この対談は、映画の中でも登場する「新江ノ島水族館」にある「相模湾大水槽」をバックに実施。かねてから原作のファンであった米津玄師と五十嵐大介の、時を経て実現した貴重な対談は、出会いから『海獣の子供』に対する想い、楽曲の制作秘話まで多岐に及んだ。

ひとつの芸を極めようとするふたりのクリエイターの対談は、映画や楽曲ファンのみならず、これから芸の道を志すクリエイター志望の若者にとっても見逃せない対談となっている。

米津玄師が何を思い、どんな出逢いがあって「海の幽霊」を作り上げたのか。ぜひ楽曲を聴きながら対談を読み、深淵なる美しい音楽の世界にどっぷりと浸かってもらいたい。

■五十嵐大介 プロフィール
1969年生まれ。1993年、『月刊アフタヌーン」(講談社)にて四季大賞を受賞し、デビュー。主な作品として文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した『魔女』や、小説家・伊坂幸太郎氏との競作描き下ろし作品『SARU』(小学館)などがある。2002年〜2005年の『リトル・フォレスト』(講談社)は日本と韓国で実写映画化された。2009年には、初の長編作品『海獣の子供』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。最新作は『ディザインズ』(講談社/2019年、完結巻発売予定)。

PHOTO BY 太田好治 ※対談写真(メイン写真)
PHOTO BY 山田智和 ※米津玄師アーティスト写真
(C)五十嵐大介/小学館 ※「海の幽霊」ジャケット写真


リリース情報

2019.06.03 ON SALE
DIGITAL SINGLE「海の幽霊」


映画情報

『海獣の子供』
6月7日(金)全国ロードショー
原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)
キャスト:芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン
稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 / 田中泯 富司純子
監督:渡辺 歩
音楽:久石 譲
主題歌:米津玄師「海の幽霊」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給:東宝映像事業部
(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会


五十嵐大介×米津玄師スペシャル対談
https://www.kaijunokodomo.com/crosstalk/

「海の幽霊」特設サイト
https://reissuerecords.net/special/uminoyuurei/

映画『海獣の子供』作品サイト
https://www.kaijunokodomo.com/

米津玄師 OFFICIAL WEBSITE
http://reissuerecords.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人