キスマイ・玉森裕太主演、映画『パラレルワールド・ラブストーリー』メイキング映像公開!「自分の中にあるものはすべて出し切った」

■「崇史は自分の中で挑戦的な役どころ。毎日悩んでずっと戦っていました」(キスマイ・玉森裕太)

累計発行部数150万部を超える東野圭吾のベストセラー小説を映画化した映画『パラレルワールド・ラブストーリー』が、いよいよ明日5月31日より全国公開となる。

目が覚めるたびに変わる2つの世界<パラレルワールド>で、主人公の青年が真実の世界を追い求めて謎に挑む“頭フル回転ミステリー”。主人公・崇史を演じるのは、約4年ぶりの映画主演となる玉森裕太。崇史は愛する恋人の麻由子(吉岡里帆)と幸せな生活を送っていたが、ある日、目を覚ました世界では麻由子が親友・智彦(染谷将太)の恋人に……。麻由子は自分の恋人なのか? それとも、親友の恋人なのか? はたして真実の世界はどっち?

そしてこのたび、本作のメイキング映像が解禁された。

玉森演じる崇史は、容姿端麗・スポーツ万能・大学院を首席で卒業するほどの頭脳の持ち主。完璧ともいえるそんな男がある日、ふたつの世界へ迷い込み、恋人と親友の間で様々な感情に葛藤するさまが描かれる。

今回解禁された映像で「崇史は自分の中で挑戦的な役どころ」と玉森。さらに「毎日悩んでずっと戦っていましたね」と語るとおり、撮影中のメイキング映像からは、難しい役どころに悩みながら、真剣に役へと向き合う姿を見てとることができる。

映像の最後には、「自分の中にあるものはすべて出し切った」という玉森が見せる、クランクアップの瞬間の安堵の表情も。

玉森がまさに全身全霊をかけて挑んだと言える本作。完成披露試写会のアンケートでは「鑑賞満足度 95.6点」と高評価を得たほか、

「自分もふたつの世界に迷い込んだ! 96.4%」
「真実に驚いた! 93.1%」
「もう一回観たい! 97.6%」

と、多くの観客が、主人公・崇史とともにパラレルワールドの世界を体験した模様だ。


映画情報

『パラレルワールド・ラブストーリー』
5月31日(金)全国ロードショー
出演:玉森裕太
吉岡里帆 染谷将太
筒井道隆 美村里江 清水尋也 水間ロン 石田ニコル / 田口トモロヲ
原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」(講談社文庫)
監督:森義隆
脚本:一雫ライオン
音楽:安川午朗
製作幹事:松竹・日本テレ
企画・配給:松竹
(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社


映画『パラレルワールド・ラブストーリー』作品サイト
http://parallelworld-lovestory.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人