AKB48メンバーほか、アイドルたちがグループの垣根を越えて大集結! 映画『カーテンコール』(仮)がクランクアップ

■「クランクアップの瞬間は、とにかく笑顔でした! なぜかというと、無事に終わったからです(笑)」(AKB48・大森美優)

今年、3月28日〜31日まで、東京・新宿村LIVE にて上演された『カーテンコール』のあらたなプロジェクトとして映画化が決定。このたび、無事クランクアップとなった。

秋の全国演劇大会で優勝を目指している春山高校演劇部は、合宿に向かう途中、バスで大事故にあってしまう。幽霊になってしまった5人の部員と残された部員たちは、優勝をめざすのだが……。全国大会を目指す部員たちの輝きがスパークする、青春群像劇だ。

交通事故によって幽霊部員になってしまった結奈に、AKB48の茂木忍、5人の部員の死に戸惑いながら、彼女たちの意思を受け継ごうとする蘭をAKB48の大森美優が演じる本作。

その他の共演者としては、幽霊部員の梢に吉田明加(Chu-Z)、花音にけちょん(ゆるめるモ!)、栞に和田あずさ(君の隣のラジかるん)、芽依に声優として活躍中の長久友紀、事故で意識不明になる真央に、グラビアで活躍中のCOCOが決定している。

3月に劇場公開された徳光正行原作脚本が話題になった『シラユキサマ』を監督、舞台版『カーテンコール』の脚本と演出を手掛けた諸江亮があらたに映像作品として再構成し、メガホンを取る。

今後は、年内のイベント上映、劇場公開を予定している。

クランクアップ直後の茂木忍、大森美優からコメントも到着!

■映画『カーテンコール』(仮)ストーリー
春山高校演劇部の結奈(茂木忍)、蘭(大森美優)たちは、合宿に向かっていた。伝説の「春山高校女子野球部」の物語を自分たちで舞台化し、秋の全国大会で優勝を目指すのだ。ところが、行きのバスで事故に会ってしまう。気がつくと、結奈、梢(吉田明加)、花音(けちょん)、栞(和田あずさ)、芽依(長久友紀)の5人は幽霊になってしまっていた。そして意識が戻らない真央(COCO)。突然の悲劇に動揺しな
がらも、彼女たちの意思を受け継いで稽古に励む部員たちと、それに反発する部員たち。結奈たちは「ゆうれい部員」となって、みんなを支えようとするが……。大会初日は容赦なく迫る――。

■茂木忍(AKB48)コメント
クランクアップいたしました! 茂木忍です! 今回、とても緊張していたのですが、最後まで笑顔の溢れた現場でとても楽しかったです! 個人的には、ゆうれい部員たちが遺影の中で話しているシーンに注目してもらいたいです! 実は特殊な撮影方法だったのですが……それはまたの機会にお教えします!笑

■大森美優(AKB48)コメント
クランクアップの瞬間は、とにかく笑顔でした! なぜかというと、無事に終わったからです(笑)。作品を作るって簡単なことではないし、ひとりじゃ何もできないんだなと実感しました。私が演じる蘭ちゃんの、内に秘めた、演劇や仲間たちへの気持ちにも、注目しながら観ていただけたらうれしく思います!


映画情報

映画『カーテンコール』(仮)
2019年劇場公開予定
出演:茂木忍(AKB48)、大森美優(AKB48)、けちょん(ゆるめるモ!)、吉田明加(Chu-Z)、長久友紀、和田あずさ(君の隣のラジかるん)、あゆみ(あゆみくりかまき)、小磯陽香、岡本尚子、COCO、鈴木友梨耶、桜井理衣、小町まい(サンダルテレフォン)、森川彩香、藤本結衣、倉田瑠夏、園田あいか(校庭カメラアクトレス)、成瀬ゆりあ(Dan te Lion)、寺田みなみ、山本夏望(放課後プリンセス)、黒瀬暁未
監督・脚本:諸江亮


舞台『カーテンコール』OFFICIAL WEBSITE ※上演は終了しています
https://dp-isr.com/curtain-call/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人