ジュンスカ、野音で30周年ツアーを完走!「俺たち、まだまだ青春だ!」

■ジュンスカの野音に、異例の“センターステージ”が登場!

JUN SKY WALKER(S)が、5月25日、東京・日比谷野外大音楽堂にて、デビュー30周年を記念した『30th Anniversary Tour~全部このままで~』のファイナル公演を開催した。

宮田和弥が事前のインタビューで「再結成以降、日比谷野外大音楽堂での公演は90%くらいの確率で雨が降っている」と話していたが、この日の東京は最高気温が32℃に達するほど、異例(?)の天候にも恵まれた。

開演時間を少し過ぎたタイミングで、チケットソールドアウトの超満員の大歓声に迎えられてメンバー4人がステージに登場する。それぞれの場所につくと思いきや、突然、宮田和弥がステージから客席に降りる。その背中を追うように観客席のど真ん中に作られたセンターステージにリーダーの森純太、小林雅之、寺岡呼人もステージから客席を経由して向かう。これには、客席からの大歓声が悲鳴にも似た声に変わる。

そして、ジュンスカの歴史の中でも異例のセンターステージ立った4人は、1988年5月21日発売のデビュー曲「全部このままで」のアコースティックバージョンを4人のギター&コーラスでこの日の1曲目として披露する。

ステージ上のスクリーンに、今である“2019”からデビュー年である“1988”までのカウントダウンが表示されると、宮田和弥の「最後まで楽しんでいってください!」の声を合図に、日比谷野外大音楽堂が一瞬にして30年前にタイムスリップ。この日のセットリストは、デビューの1988年の楽曲からセレクトされながら進んでいく。

「31周年目に突入したけど、この先、35周年40周年50周年と一緒に歩いていけますように、みんなにこの歌を贈ります」というMCのあとに披露された「PARADE」。まさに、ジュンスカが”今までともに歩いてきたみんなと、これから先も一緒にいる”という宣言にも見えた。

さらに、野音にいる全員で「すてきな夜空」を大合唱する頃には、ステージはもちろん、客席の上空に夕闇が空を包み、素敵な夜空になっていた。

30周年ツアーのファイナルにふさわしく、ダブルアンコールも含めて大満足の全22曲。「これからもみんなと支え合っていきたいです。みんなが音楽を聴いてくれるから生きていける。またツアーをやるからぜひ、遊びに来てください。奢らずに、これからも歌い続けていきます。俺たち、まだまだ青春だ!」とファンとの再会を約束。

夕焼けに染まる空から夜空までをも演出に使ったかのようなワンマンで、ジュンスカは30周年イヤーを華々しく締めくくった。

PHOTO BY 平野タカシ


リリース情報

2019.02.20 ON SALE
DVD『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018@中野サンプラザ』

2019.02.20 ON SALE
ALBUM『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018@中野サンプラザ』


JUN SKY WALKER(S) 30周年スペシャルサイト
http://jswxxxproject.com/

JUN SKY WALKER(S) OFFICIAL WEBSITE
http://junskywalkers.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人