決して“エロ”ではありません! めくるめく「美女ジャケ」の世界へと誘う、世界でも類を見ない書籍が6月に発売

■若者には新鮮、お父さん世代は大興奮の、甘美なノスタルジアと夢見心地の美を堪能できる極上の1冊!

リットーミュージックより、『VenusOnVinyl 美女ジャケの誘惑』が6月21日に発売される。

古き良き1950〜1960年代、イージーリスニング、ムード・ミュージック、ジャズ、ラテン、ハワイアンなどの洋楽アナログ盤の多くで、絶世の美女たちがカバーを飾っていた。なかには歌手や演奏者本人が写っている場合もあったが、たいていは、ただジャケットだけのために起用されたモデルであった。レコードの内容とは直接関係なくても、その美女たちが醸し出す雰囲気は時にエキゾチックで、ときにセクシーで、ときにシックで、実に美しく魅力的だった。それらのレコードは昨今ではマニアの蒐集の対象になっている。

本書は、著者の長澤均氏が長年コレクションしてきた、貴重な“美女ジャケ”約300枚をファイリングした決定版。ジャケの美女についてはもちろんのこと、撮影カメラマン、グラフィックデザイン、当時の文化的背景などを解説。また、すべてのレコードをしっかり聴いたうえで、文章から音楽が聞こえてくるほど愛情たっぷりにレビューしている。

安易に女性ジャケットだけを集めた本とは一線を画し、決して“エロ”ではない、甘美なノスタルジアと夢見心地の美を堪能できる極上の1冊。当時のアナログ盤のディスクガイドとしても活用できる。

著者がコレクションしてきた1950年代をメインとしたLPアルバムコレクションから精選した“美女ジャケ”約300枚! アーティストではなく、モデルの美女をジャケット写真に起用するのは、主にムードミュージックの世界で流行ったが、ジャズやラテン、ハワイアンなど多くの音楽ジャンルに及ぶ。それらを渉猟し音楽にも精通した著者が、それぞれのレコードの音楽のみならずモデル、写真家、デザインについてまで簡潔に言及した世界でも類例のない1冊。

各レコードの付された解説文をまとめると総計10万字を超える圧倒的な情報量。“美女ジャケ”隆盛時の文化的背景、音楽的エポック、特筆すべきアーティストなどについては別項で記載。当時のオリジナル盤のなかでも、モデルや写真の質、デザインの秀逸さでセレクトし、それらを羅列するのではなく、デザイン的関連性などテーマを持って編集した、美女モノジャケットに関する唯一無二の決定版だ。


書籍情報

『Venus On Vinyl 美女ジャケの誘惑』
発売日:6月21日
著者:長澤 均
定価:本体2,800円+税
仕様:B5変型判/208頁/ソフトカバー
発行:リットーミュージック


詳細はこちら
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3118333008/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人