GENERATIONS・片寄涼太×川栄李奈の歌唱で、胸キュンが爆発級に加速! 映画『きみと、波にのれたら』本編映像解禁

■「ふたりで歌ったほうが、良い空気感になるんじゃないかとイメージしていた」(GENERATIONS・片寄涼太)

仏・アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)受賞作品『夜明け告げるルーのうた』(2017年)、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞作品『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)、Netflix配信中の『DEVILMAN crybaby』など数々の話題作を世に送り出し、世界を魅了してきた湯浅政明。待望の最新オリジナルアニメーション映画『きみと、波にのれたら』が6月21日より全国公開となる。

本作は、海辺の街を舞台に、消防士の青年・港(みなと)と、サーファーの大学生・ひな子との運命的な恋を描く感動の青春ラブストーリー。小さな港町で出会い、恋に落ちたふたり。しかし港は海の事故で命を落としてしまう。憔悴するひな子だが、ある日ふたりの思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れ……。

声優を務めるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太<雛罌粟 港(ひなげし みなと)役>と、女優・川栄李奈<向水ひな子(むかいみず ひなこ)役>の豪華W主演。さらには、港とひな子に関わる重要なキャラクターとして、港の妹でぶっきらぼうな性格の高校生・雛罌粟洋子 (ひなげし ようこ)に松本穂香、港の後輩で新人消防士の川村山葵 (かわむら わさび)に伊藤健太郎が抜擢。人気と実力を兼ね備えた最旬豪華キャストが集結する。

主題歌は、主演の片寄涼太が所属するGENERATIONS from EXILE TRIBEの「Brand New Story」に決定。本作のために書き下ろされ、夏を感じさせる爽やかな歌声に乗せて物語のキーとなる曲として、作品をドラマチックに彩る。

そしてこのたび、片寄涼太と川栄李奈のリアルな空気感に胸キュン必至な“アドリブ歌唱シーン”に合わせ、港とひな子の爆発級にかわいいデートが満載の本編映像が解禁された。

本シーンは、のちに海の事故で命を落としてしまう消防士の青年・港と、サーファーの大学生・ひな子、小さな港町で出会い、恋をした2人のかけがえのない時間を切り取ったもの。一緒にサーフィンをしたり、ハンバーガー屋ではふたりで思いっきり大きな口でほおばったり、ドライブに水族館、さらには海沿いの桟橋では夕陽に見守られながらのキスなど、爽やかでキュンキュンするようなデートシーンが満載! 港とひな子のラブラブっぷりを爆発級に加速させているのが、片寄と川栄が一緒に歌う「Brand New Story」だ。

主題歌であり劇中ではふたりの思い出の曲でもある「Brand New Story」の歌唱シーンは、もともと別々に収録されるはずだったが、「ふたりで歌ったほうが、良い空気感になるんじゃないかとイメージしていた」という片寄のアイデアで、川栄と一緒に歌うことに。ところどころ照れ笑いを抑えられなかったり、完璧すぎないメロディだったり、現場の空気感がそのまま伝わってくるような歌に、監督も「良い意味で生っぽい、幸せな恋人同士が本当に楽しそうに歌っている場面になっている」と大絶賛! 映画のストーリーは、港とひな子の運命が【切ない展開】を迎えることがすでに明かされているが、今回の解禁シーンではふたりの歌と物語が合わさって、初々しさや幸福感に満ちた最高に甘い映像となっている。

また、生き生きとした海や波の動きがみられるサーフィンのシーンや、夕焼けが映える海辺の桟橋など、『夜明け告げるルーのうた』の湯浅監督だからこそ表現できた夏の刹那感をひしひしと感じさせる映像美も、本作の大きな見どころのひとつ。湯浅監督が「したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思った」と語るように、本作は自信を持てずにいる人たちの背中をそっと押すような物語。後押ししてくれるような「Brand New Story」の歌詞と心に響くメロディにのせ、切なくも胸が熱くなる感動の物語がこの夏誕生する。


映画情報

『きみと、波にのれたら』
6月21日(金)全国ロードショー
監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子
音楽:大島ミチル
キャラクターデザイン・総作画監督:小島崇史
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
主題歌:「Brand New Story」GENERATIONS from EXILE TRIBE
アニメーション制作:サイエンス SARU
配給:東宝
(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会


『きみと、波にのれたら』作品サイト
https://kimi-nami.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人