キンプリ・永瀬廉演じる主人公・烏丸花穎の魅力が爆発!映画『うちの執事が言うことには』特別映像公開

■慣れないパーティに出席したキンプリ・永瀬廉演じる御曹司・烏丸花穎が、トイレの個室に閉じこもって「もう帰りたーい」と弱音をこぼすシーンも!

誰もが憧れる上流階級を舞台に、個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、シリーズ累計発行部数110万部を超える極上のミステリー小説『うちの執事が言うことには』(角川文庫刊)が待望の実写映画化。いよいよ本日5月17日より全国ロードショーとなる。

主人公の、名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、昨年5月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし、NHK紅白歌合戦への初出場を果たすなど、今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬 廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で、色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二のキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑む。

永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬役には、清原 翔。雑誌『MEN’S NON-NO』のモデルとして活躍しながらも、2016年より俳優活動を開始。今年は、NHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演でも注目を集めている。本作では、物語の軸となる“執事役”を、凛とした存在感で体現している。

若き当主と、仏頂面の執事――。気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に立ち向かう。

さらには、大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、赤目刻弥を演じるのは、永瀬と同じくKing & Princeの神宮寺勇太。物語の鍵を握るミステリアスな役柄で、スクリーンデビューを飾る。

そして、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上 淳、原 日出子、吹越 満、奥田瑛二と若手からベテランまで実力派俳優ら豪華競演陣が集結。若き当主・花穎を取巻く個性豊かなキャラクターたちを演じ作品に深みを与えている。

監督は、廣木隆一、西川美和などの監督作品に助監督として参加し、映画『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』(2016年)やWEBドラマ『火花』(2016年/Netflix)でメガホンをとった久万真路。脚本を手がけるのは『ツレがうつになりまして。』(2011年)、『グラスホッパー』(2015年)、『追憶』(2017年、原案・脚本)の青島 武。King & Princeが歌う主題歌「君に ありがとう」が物語を彩る、極上のミステリーエンタテインメントが誕生した。

そしてこのたび、永瀬廉演じる主人公、頭脳明晰で色彩感知能力が高い烏丸家・27代当主、花穎の魅力溢れるスペシャル映像が解禁された。

King & Princeが歌う本作の主題歌「君に ありがとう」のメロディにのせて、本作の主人公・花穎の魅力溢れる表情が切り取られた映像となっている。

烏丸花穎を演じるのは、5月23日にデビュー1周年を迎え、今最も勢いがあるグループ、King & Princeの永瀬 廉。

6月19日には本作の主題歌「君に ありがとう」も収録されている待望の1stアルバム『King & Prince』がリリース。

現在放送中の日本テレビ系ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』」に明智秀一役で出演し話題沸騰中。令和元年、新時代を担う永瀬が満を持して映画初主演に挑み、「ハマリ役」との呼び声も高い華麗なる上流階級の御曹司役を爽やかに体現している。

「初めまして。烏丸花穎です」と美しい笑顔で自己紹介をする烏丸花穎は、平安時代から続く名門・烏丸家の御曹司。頭脳明晰で色彩感知能が人よりも優れているキャラクター。留学先のイギリスから5年ぶりに帰国した翌日、突然父の引退と自分が当主になったことを知らされる。さらには、幼少の頃から花穎が絶大な信頼をおいていた老執事・鳳ではなく、仏頂面の見知らぬ青年・衣更月(清原)が自分に使える新執事だということを知り戸惑うシーンが映し出される。

不本意ながら主従関係を結んだ執事・衣更月を受け入れられず、さらには「烏丸家の当主としての分別をお忘れなきよう」と仏頂面で小言を言われイラつく花穎。しかし、未熟ながらも烏丸家の新当主として、自ら飾る絵画を選んだり、当主としての仕事に取り組んだり、初めてだらけの出来事を一生懸命こなすいじらしい姿に、自分たちも使用人となって花穎様を支えたくなること間違いなし。

永瀬は「監督から、花穎はただワガママなだけでなく、みんなに愛されるキャラクターになってくださいと言われ、そこを意識して演じていた」と言うとおり、まさにかわいいワガママを言いつつも憎めない、誰にでも愛されるキャラクターを見事演じ切っている。

当主として始めて出席した芽雛川家のパーティでは慣れない対応にひと苦労。しまいにはトイレの個室に閉じこもって「もう帰りたーい」と弱音をこぼすシーンも。凛とした花穎の姿にうっとりしつつも、花穎の年相応のキュートさにほっこりするシーンも楽しめる。

さらには、芽雛川家のパーティで出会い、当主として初めてできた友達の赤目刻弥(神宮寺)とケーキの色について語り合う意味深なシーンも。ケーキの色について「複雑な色素に満ち溢れているが、嫌な感じじゃない」と色彩感知能力が高い花穎だからこその意見も述べられている。

「花穎は、生まれつき色彩感知能力が高くて、それが原因で小さい頃にトラウマになるようなことが起こったりもしている。そこを踏まえつつ、花穎自身の人としての温かさ、烏丸家の使用人たちを大事に思う気持ちを大切に演じました。花穎と衣更月が共に成長するように、僕自身も花穎と一緒に成長できました」と語る永瀬。

昨年の5月17日にクランクイン。1年の時を経て、『うちの執事が言うことには』は、本日17日より全国公開。華麗で独特の世界感に魅せられる上流階級ミステリーに注目だ。


映画情報

『うちの執事が言うことには』
5月17日(金)全国ロードショー
出演:永瀬 廉(King & Prince) 清原 翔 神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上 淳
原 日出子 吹越 満 奥田瑛二
原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島 武
配給:東映
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


リリース情報

2019.03.20 ON SALE
King & Prince
SINGLE「君を待ってる」

2019.06.19 ON SALE
King & Prince
ALBUM『King & Prince』


映画『うちの執事が言うことには』作品サイト
http://www.uchinoshitsuji.com/

King & Prince ユニバーサル ミュージック公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/king-and-prince/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人