YOSHIKIディナーショー、即完売で倍率は最大260倍!「夏が嫌いでしたが、 ショーを始めてからこの季節が待ち遠しくなりました」

■ステージおよび座席の調整を行い、 『BREAKFAST WITH YOSHIKI IN TOKYO』のみ、本日5月14日18時より2次受付を先着順にて行うことが決定!

YOSHIKIディナーショーのチケットは入手困難なプラチナチケットとして知られているが、 今年8月開催の『EVENING WITH YOSHIKI/ BREAKFAST WITH YOSHIKI 2019 IN TOKYO』においては、 先行受付直後に全12公演が即ソールドアウトとなった。

例年、 争奪戦が繰り広げられ、 定価の数倍で転売される問題などもあったため、 今年はYOSHIKIの来日スケジュールを調整し12公演にまで拡大。 しかし、 日によってチケットは260倍もの倍率を記録し、 幻のプラチナチケットとなった。

受付はいったん終了したが、 ファンからの要望に応え、 ステージおよび座席の調整を行い、 ごくわずかではあるが『BREAKFAST WITH YOSHIKI IN TOKYO』のみ、2次受付を本日5月14日18時より先着順にて行うことが決定した。

本公演は、 一般的なディナーショーの定義を覆すレーザーや、奇抜な演出で知られる、YOSHIKIのディナーショー。聴覚、 視覚、 味覚を含めた、 文字どおり五感を刺激するとして、 これまでに米グラミー賞のホームページでも紹介されており、 世界中から高い評価を受けたスペクタクルなショーになっている。

世界で活躍し、 通常はスタジアムクラスの会場でしか観ることのできない、YOSHIKIが作り上げる最高のエンターテインメントは、 日本のみならず海外からの評判も高く、 この日のために来日する人もいるほど。

YOSHIKIは、 今年に入ってヴィン・ディーゼル主演のハリウッド超大作映画『xXx4』の音楽監督にも就任。 ハリウッドの中心で活動するYOSHIKIが、 今回のショーではどんなミラクルを見せるのか期待が高まる。

YOSHIKI コメント
自分は夜行性で太陽と暑さが 苦手なため、もともと夏が嫌いでしたが、数年前にこのショーを始めてからこの季節が待ち遠しくなりました。日頃、応援してくれているファンの皆さんに心から感謝しています。
いろいろと調整に努力をしましたが、今回は12公演が限界でした。新曲および新作のワインなども披露する予定なので楽しみにしていてください。See you soon.


イベント情報

EVENING/BREAKFAST WITH YOSHIKI 2019 IN TOKYO
08/09(金)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Dinner Show
08/10(土)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Breakfast Show
08/10(土)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Dinner Show
08/11(日)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Breakfast Show
08/11(日)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Dinner Show
08/12(月・祝)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Breakfast Show
08/12(月・祝)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Dinner Show
08/23(金)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Dinner Show
08/24(土)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Breakfast Show
08/24(土)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Dinner Show
08/25(日)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Breakfast Show
08/25(日)東京・グランドハイアット東京 ボールルーム ※Dinner Show


チケット2次受付の詳細はこちら
http://yoshiki-mobile.jp/archives/5097

海外の紹介記事
https://www.grammy.com/grammys/news/yoshiki-x-japan-drummer-host-intimate-dinner-show-fans-tokyo

YOSHIKI 公式Twitter(@YoshikiOfficial)
https://twitter.com/YoshikiOfficial

YOSHIKI OFFICIAL WEBSITE
http://www.yoshiki.net/

X JAPAN OFFICIAL WEBSITE
http://xjapan.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人