ゆず、前代未聞の“弾き語り”によるドームツアーがスタート!「今できる最高の弾き語りライブをお届けします」

■ゆず、新曲「SEIMEI」を初披露!

ゆずが、5月11日、愛知・ナゴヤドームにて日本音楽史上初となる弾き語りドームツアー『ゆず弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜』初日公演を開催した。

ゆずとして過去にドーム公演や弾き語りライブの開催はあったが、弾き語りによるドームツアーは、他アーティストを含め史上初の挑戦。ナゴヤドームを皮切りに、5月29日・30日の東京ドーム公演、6月8日・9日の京セラドーム大阪公演、7月6日・7日の福岡ヤフオク!ドーム公演と、全4ヵ所8公演で約30万人を動員する。

ライブ前日の10日には、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」にて全シングル&アルバムのストリーミング配信を解禁。さらに、同日に今回のドームツアーに向けて制作された全編弾き語りの新曲「SEIMEI」を配信限定シングルとしてリリースし、iTunes Store、レコチョクをはじめ各配信サイトにて1位を獲得し話題を呼んでいる。

ツアーの幕開けとなったナゴヤドーム公演には、約3万5,000人ものファンが集結。

会場のステージ上には、「SEIMEI」のジャケット写真やアーティスト写真にも描かれている逆さツリー「ユズドラシル」が、全長30メートルに及ぶ巨大オブジェとなって登場。

広いドーム会場のステージに北川悠仁、岩沢厚治の“ゆずのみ”で立ち、北川が「今日はふたりで、今できる最高の弾き語りライブをお届けします。最後まで楽しんでください!」と意気込み、ライブがスタート。以前より公言していた、全公演異
なる日替わり曲として「始まりの場所」「春風」を披露し、終盤にはライブ定番曲「夏色」を演奏した。

さらに、新曲「SEIMEI」をファンの前で初披露。弾き語りながら、唯一無二なふたりの歌声とアコースティックギターによるダイナミックな表現に加え、レーザー50台、ムービングライト500台という、国内ライブ最大級とも言える圧倒的演出で、ファンの度肝を抜いた。

なお、近年のゆずライブと同様、今回のツアーでも観客のスマートフォン・携帯電話による写真撮影が可能。Twitter、インスタグラムをはじめとするSNS にて、「#ゆずドームライブ」のハッシュタグで撮影したライブの写真投稿を呼びかけており、すでにTwitter内ではトレンド入りを果たすなど、話題を集めている。

PHOTO BY 太田好治・立脇卓


リリース情報

2019.05.10 ON SALE
DIGITAL SINGLE「SEIMEI」


ライブ情報

ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ 〜拍手喝祭〜
05/11(土) 愛知・ナゴヤドーム
05/12(日) 愛知・ナゴヤドーム
05/29(水) 東京・東京ドーム
05/30(木) 東京・東京ドーム
06/08(土) 大阪・京セラドーム大阪
06/09(日) 大阪・京セラドーム大阪
07/06(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
07/07(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム


「SEIMEI」特設サイト
http://yuzu-official.com/pages/seimei

ゆず ストリーミング解禁 特設サイト
http://yuzu-official.com/pages/subscription/

ツアー特設サイト
http://yuzu-official.com/pages/yuzunomi2019

ゆず OFFICIAL WEBSITE
http://yuzu-official.com/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人