瀬戸康史、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』出演への意気込み語る。「はみ出していこうと思います」

■「ぶっ飛んだ設定にどのように挑んでいくか…ここが勝負ですね」(瀬戸康史)

深田恭子が主演を務める7月スタートのフジテレビ系木曜劇場『ルパンの娘』(毎週木曜22時~)への出演を発表した俳優の瀬戸康史が、5月10日、アメーバオフィシャルブログを更新。同ドラマ出演への意気込みを綴った。

2015年8月に発売され、累計発行部数10万部を超える横関大の同名小説(講談社文庫刊)を連続ドラマ化する本作は、代々、泥棒一家の娘と、代々、警察一家の息子の決して許されない恋愛を描くラブコメディ。

泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの、家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華を深田、深田の相手役となる、警察一家の息子で華と真剣交際をしている青年・桜庭和馬を瀬戸が演じる。

脚本を担当するのは『グッド・ドクター』(フジテレビ系)の徳永友一。監督は、徳永と映画『翔んで埼玉』でタッグを組んだ武内英樹が務める。

出演発表後、「ルパンの娘」と題してブログを更新。

「フジテレビで7月から放送が始まる木10ドラマ『ルパンの娘』に出演することが決まりました」

と改めてファンへ報告。

瀬戸は、

「武内監督といえば、現在公開中の映画『翔んで埼玉』を観た方も多いのではないでしょうか。
そうです。この作品も壮大なエンターテインメントでございます」

と監督について触れ、

「なんとも斬新。
泥棒一家って…警察一家って….泥棒と警察の恋愛って…。
しかも、ジーンとさせてくるやん…。
まだまだツッコミどころはたくさんありますが、笑いながら活字を読むなんて、そんなにあることではありません」

と、原作や脚本を読んだ際の印象を綴った。

続けて、瀬戸が演じる、警察一家の息子で華(深田)と真剣交際をしている青年・桜庭和馬について、

「彼は何事にも全力で取り組む、面白いくらい真っ直ぐな人間です。
そして、様々な事件に巻き込まれ、運が良いのか悪いのか解決していきます」

と説明し、

「和馬が警官として、男としてどう成長していくのか、僕自身も楽しみです」

と期待を込めた。

最後に、

「ただ、このぶっ飛んだ設定にどのように挑んでいくか…。
ここが勝負ですね。
自分がイメージしている範囲からはみ出して、はみ出していこうと思います」

と意気込みを綴り、

「ぜひ、お楽しみに!」

と呼びかけている。

この投稿にファンからも、

「楽しみ」
「意気込みを感じます」
「作品の面白さ、演じるうれしさが伝わってきます」
「ドラマ出演おめでとう」
「エアポートぶりの深キョンとの共演もすごくうれしい」
「7月が待ち遠しい」
「観ざるを得ない(笑)」
「深田恭子さんとのラブコメ、なんて素敵なんでしょう!」

など期待の声が殺到している。


瀬戸康史オフィシャルブログ「FAKE」Powered by Ameba:記事タイトル「ルパンの娘」
https://ameblo.jp/koji-seto-we/entry-12460257477.html

『ルパンの娘』番組サイト
https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/introduction/index.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人