「そうです、私です! 平です」。平祐奈、Mrs. GREEN APPLEが歌う「Love me, Love you」にハイテンションを抑えられず

■平祐奈、ドラマ『御曹司ボーイズ』で共演する俳優の磯村勇斗が考案した“御曹司ポーズ”を披露!

「AbemaTV」3周年オリジナル連続ドラマ『御曹司ボーイズ』で主演を務める女優の平祐奈が、5月8日、アメーバオフィシャルブログを更新。共演する俳優の磯村勇斗が考案した“御曹司ポーズ”を披露した。

同ドラマは、この世のすべての女性の憧れ“御曹司の花嫁”の座をめぐって繰り広げられる、“サバイバル玉の輿コメディ”。劇中に登場する、全員イケメン高学歴でお金持ちな御曹司ボーイズが、本気で結婚相手を探すために開催した結婚リアリティーショー番組『プリンスマリッジ』を舞台に、70万人の応募者の中から選ばれた普通の女子高生3人が、あの手この手を使い人生一発逆転を狙う。

御曹司ボーイズには、クール&ミステリアスな由緒正しき“正統派”御曹司・二階堂陸を磯村勇斗、Mr. パーフェクトプリンス! 白馬の御曹司・西園寺大雅を飯島寛騎(男劇団 青山表参道X)、頭脳明晰! 心優しきチャーミングな御曹司・薬袋輝之進を稲葉友、筋脳系ムードメイカー! 長身アクティブ御曹司・伊達達成を山本涼介が演じる。

さらに、玉の輿婚を夢見る女子高生3人には、大学受験よりも玉の輿♪ 明るい元気印のダンス部JK・相原麦を平祐奈、成金コンプレックス!? 田舎の性悪(!)お嬢様JK・大野ふみのを武田玲奈、マミーを楽させたいイマドキギャルJK・柴山優を岡本夏美が演じる。

「いまの平」と題して更新したブログで、アラームよりもとても早く起きられて良いスタートを切れたという平は、テンション高めに、

「そうです、私です! 平です」と綴り、

「なぜかって? それはですね、今『御曹司ボーイズ』の主題歌『Love me,Love you』を聴きながら移動しているからですね。」

と説明。そして、自身が主演を務めるドラマ『御曹司ボーイズ』の主題歌、Mrs. GREEN APPLEの「Love me, Love you」を聴きながら、ノリノリに同ドラマの声録りに向かったという。

4月28日から放送スタートしたドラマ『御曹司ボーイズ』は、5月5日に第5話・第6話を放送。舞台をゲレンデに移した『プリンスマリッジ』では、一同が楽しく滑る中、まったくの初心者の麦(平)は止まることができず立ち木にぶつかりそうになる。間一髪、麦を救ってくれたのは陸(磯村)。普段は冷たい態度な陸にまたしても救われ、顔についた雪を指で払いのけてくるなどゲレンデでのドSツンデレっぷりが炸裂! 視聴者からも、

「顔の雪ちょんちょんはずるい」
「どこのゲレンデで御曹司たちに出会えますか?」

などの反響が相次いだ。

平も「続きが気になっちゃうよねぇ」

と綴り、

「ちょっとずつ観てきたんけど、すごく良い感じだった。
川村監督や大塚監督、スタッフさんたちが絶賛編集してくださってました。
楽しみ~」と呼びかけた。

そして最後には、

「今週の日曜日は7話と8話! 2ショットデートがあるよ」

と次回の見どころや、

「皆さんの推しペアはだぁれ??
#りくむぎ とか #たいむぎ とかハッシュタグ出来ててびっくりした。
みなさんもぜひ教えてね。
つぶやくときは #御曹司ボーイズ
これマストでよろしくね」

と呼びかけ、磯村が考案した“御曹司ポーズ”を披露し、ブログを締めくくった。

この投稿にファンは、

「♪気づかぬうちに 誰かときっと 繋がり合うの そうやって いつの間にか 世界は輝きで満ちている♪」
「#たいむぎ 大好き」
「続きが気になります!!」
「わたしも毎日聴いてはノリノリになってるよ~」
「楽しみにしています」

と様々な声が寄せられている。

「AbemaTV」3周年オリジナル連続ドラマ『御曹司ボーイズ』第7話~第8話は、5月12日22時から放送。


番組情報

AbemaTV『御曹司ボーイズ』第7話~第8話
05/12(日)22:00〜

『御曹司ボーイズ』第7話~第8話視聴URL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/D8GUD8hsaWDf4j


『御曹司ボーイズ』番組サイト
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/D4DhVZDVdMNCZm

平祐奈オフィシャルブログ「祐奈でSKY!?」Powered by Ameba:記事タイトル「いまの平」
https://ameblo.jp/yuna-taira/entry-12459877635.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人