貞子が目と鼻の先まで迫る! 映画『貞子』TVスポット“きっとくる編”&“本当に怖い貞子編”2本同時公開

■貞子、“世界が尊敬する日本人100”に選出!

見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた、中田秀夫監督による映画『リング』(1998年)。ビデオテープを介して呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は日本中を震撼させ、長い黒髪に白いワンピースをまとい、井戸やテレビから這い出る“貞子”の姿は「日本で最も有名な怨霊」として全世代に知れ渡る存在となった。

それから20年、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、つねに日本のホラー映画界を牽引してきた『リング』シリーズの貞子は、ついに怨霊初の快挙となる“世界が尊敬する日本人100”に選出された。

そんなシリーズの最新作『貞子』が、若手実力派女優として躍進著しい池田エライザをヒロインに迎え、中田秀夫監督率いる伝説のオリジナルチームの手であらたに映画化。さらに『リング』『リング2』(1999年)に出演した佐藤仁美が、当時と同じ倉橋雅美役で出演し、現在と過去をつなぐ。映画は5月24日に全国公開となる。

そしてこのたび、本編の最新映像が含まれるTVスポットが2種解禁された。

聞いてしまったらその瞬間、誰もが貞子の姿を脳裏に呼び覚ましてしまう、“♪きっと来る~”の「feels like “HEAVEN”」を、ミステリアスなバンド、女王蜂が現代風なアレンジで、史上最も容赦ない恐怖を煽る“きっとくる編”。

さらに、井戸から這い出て、バキバキとこの世のものではない奇態な音を立てながら、目と鼻の先まで迫る貞子と、その恐怖に巻き込まれた人間たちの絶叫の渦が、史上最も容赦なく恐ろしい貞子の脅威を予感させる“本当に怖い貞子編”。

本当に怖い貞子が、令和元年、さらなる進化を遂げ、再び観客に襲い掛かる!


映画情報

『貞子』
5月24日(金)全国ロードショー
出演:池田エライザ 塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山漣 ともさかりえ 佐藤仁美
※桐山漣の「漣」は「さんずいに連(しんにょうの点がひとつ)」が正式表記
原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
主題歌:女王蜂「聖戦」(Sony Music Associated Records)
プロモーション使用楽曲:女王蜂「feels like “HEAVEN”」(Sony Music Associated Records)
配給:KADOKAWA
(C)2019「貞子」製作委員会


リリース情報

2019.03.27 ON SALE
女王蜂
DVD&Blu-ray『FLAT -Hall Live 2018-』

2019.03.28 ON SALE
女王蜂
DIGITAL SINGLE「feels like “HEAVEN”」

2019.05.22 ON SALE
女王蜂
ALBUM『十』


映画『貞子』作品サイト
https://sadako-movie.jp/

女王蜂 OFFICIAL WEBSITE
http://www.ziyoou-vachi.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人