松岡茉優、映画『バースデー・ワンダーランド』舞台挨拶で感極まる。「子どもの頃しか流したことがないタイプの純粋な涙を流しました」

■milet(ミレイ)、映画『バースデー・ワンダーランド』イメージソング・挿入歌「Wonderland」を生歌で初披露!「場内の空気が変わりました。思わずゾクゾクした」(原恵一監督)

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』や『河童のクゥと夏休み』など世界35以上の映画賞に輝き、先日にはアニメーションの国際映画祭として最も権威のある映画祭『2019アヌシー国際アニメーション映画祭』の長編映画コンペティションにも正式ノミネーションをされ話題沸騰中の、大人が泣けるアニメーションの巨匠・原恵一監督が描く最新作『バースデー・ワンダーランド』(ワーナー・ブラザース映画配給)が、4月26日、ついに全国公開。これを記念して、初日舞台挨拶イベントが都内で開催された。

自分に自信のない主人公”アカネ”の声を務める女優の松岡茉優、好奇心旺盛で自由奔放なアカネの叔母“チィ”役の女優の杏、穏やかな性格でアカネを優しく包み込むアカネの母”ミドリ“役の麻生久美子、アカネをワンダーランドに連れ出す大錬金術師”ヒポクラテス”役の俳優の市村正親、原恵一監督、そしてテーマソング、イメージソング/挿入歌を担当する注目の新人シンガーソングライターのmilet(ミレイ)が登壇した。

会場から温かい拍手に迎えられ、登壇した主人公アカネ役を務める松岡は、初めに「ゴールデンウィーク10連休の前日、ワクワクの中ひと足先にお越しいただきありがとうございます」と晴れやかな表情で語った。続いて、アカネの叔母チィ役を務める杏は、本作を観終えた観客に「冒険からおかえりなさい」と語り、続くアカネの母ミドリ役を務める麻生は「原監督の『カラフル』で初声優をやらせてもらって、そこから『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』、そして今回と続けて出演させていただいた。生々しい声を監督は録ってくれ、いつもとても感動しています。今日初めてご覧になった方が羨ましい!」と語った。

ヒポクラテス役の市村は「この作品に参加することができてうれしい。何より美女と接することができて光栄です(笑)」と語り、会場は和やかな雰囲気に包まれた。原監督は「僕にとってファンタジー作品は初めて。自信のない部分もあったが、ストーリーと登場人物がしっかりと立っていれば、ファンタジーも現実を描いた作品も変わらないんだと気付きました。好きな人たちだけを集めて、とてもいい作品にすることができました」と満足げに語った。

続いて、本作がどのような映画か聞かれると松岡は「クライマックスの純度がものすごい。子どもの頃しか流したことがないタイプの純粋な涙を流しました」と感極まりながら語り、本作の各シーンや背景の美しさについてMCから聞かれると杏は「本当に色とりどりで、名前のついた色は全部この映画に出てきたんじゃないかな(笑)。何度も観てみたくなるような映画です」と答えた。本作の見どころについて聞かれると麻生は「個人的には、地下室から出てきたアカネが川を眺めているシーンが好きです」と語ると、すかさず松岡が「それ私が声を当ててないシーン!」と指摘し会場の笑いを誘った。続いて市村は「僕もゴールデンウィークは子どもとこの映画を観る予定なんですが、この映画を観て男の子がどんな反応をするか楽しみです」と語った。

次に、先日アヌシー国際映画祭のコンペティション部門に正式ノミネートされた心境について、原監督は「世界最大のアニメ映画祭であるアヌシー国際映画祭は3回目のノミネートで、行くたびに街をぶらぶらしたり、お酒を飲みに行くことが多いので楽しみにしています。ただ特別外国の人に見せたくて作ったわけではなく、まず何より日本の人に楽しんでもらいたいと思っていたので、世界に媚びないことがかえってよかったのかもしれない」と誇らしげに語った。

次に、5月1日からの元号が「令和」に変わることにちなみ、MCより新時代に挑戦したいことを聞かれると松岡は「原監督は自分の映画に好きな役者しか使わないとのことなので、『これは松岡にやってほしい』と思える役を作ってほしい」とアピール。原監督は「記憶しておきます(笑)」と息ぴったりに返した。

続いて、本作のテーマソング、イメージソング/挿入歌を担当するmiletが登場。miletは「本日はこの場に立つことができて、とてもうれしいです」と語り、本作のイメージソング「Wonderland」を生披露。透き通った力強い歌唱力で観客を圧倒した。miletのパフォーマンスについて聞かれると、原監督は「場内の空気が変わりました。思わずゾクゾクした」とコメント。

また、本日が映画の誕生日であることにちなみ、ステージ上にはアカネが元号発表さながらに「感動」の言葉を掲げたイラストのオリジナルバースデーケーキが登場。松岡はフェイクキャンドルの火を吹き消し、会場は誕生日会さながらにお祝いの拍手に包まれた。最後に松岡は「この映画は一人ひとりが自由に物事を感じていい、一人ひとりの感性が自由でいいんだよっていう、自分のことも肯定してくれるような映画だと思いました。自分を大事にして一歩踏み出せるようなそんな映画です。大人の方こそぜひ映画館に行って、勇気と元気をもらってほしいと思います」と感無量の面持ちで語り、イベントを締めくくった。

なおmiletは、5月15日に、『バースデー・ワンダーランド』の挿入歌・イメージソング「Wonderland」、同作品テーマソング「THE SHOW」(Lenka「THE SHOW」の日本語詞カバー)、専門学校 首都医校・大阪医専・名古屋医専 CMソング及びTBS系テレビ『CDTV』4月・5月オープニングテーマとしてもオンエア中の「航海前夜」など全5曲を収録した2nd EP『Wonderland EP』をリリースする。


映画情報

『バースデー・ワンダーランド』
4月26日(金)より大ヒット公開中
監督:原恵一
原作:柏葉幸子『地下室からのふしぎな旅』(講談社青い鳥文庫)
出演:松岡茉優 杏 麻生久美子 東山奈央 藤原啓治 矢島晶子・市村正親
挿入歌・イメージソング:milet「Wonderland」
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会


リリース情報

2019.03.06 ON SALE
milet(ミレイ)
EP『inside you EP』

2019.05.15 ON SALE
milet(ミレイ)
EP『Wonderland EP』


映画『バースデー・ワンダーランド』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/birthdaywonderland/

milet(ミレイ)OFFICIAL WEBSITE
http://www.milet.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人