香取慎吾、アートを語る。“アーティスト香取慎吾”誕生の瞬間には、草なぎ剛が大きな役割を果たしていた!?

■香取慎吾、『AERA』表紙に登場! 表紙写真についてカメラマン・蜷川実花いわく「(香取の)中身が写っちゃった!」

現在、東京・豊洲で『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展』を開催中の香取慎吾が、『AERA』2019年5月13日増大号(5月2日発売)の表紙に登場する。

個展開幕直後のある夜、来場者が帰ったあとの会場で、作品から作品へと移動しながらの撮影。誰もが知っているはずの香取慎吾の、誰も知らない表情を切り取った。インタビューでは、「(この個展で)心臓もDNAもぜんぶ見せたい」と語っている。

東京・豊洲で開催中の『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展』は、 その会場からしていわゆる「美術展」とは違う。「客席」がある。その客席が回転する。移動する。以前からコンサートの演出も手がけてきた香取ならではの、まるでライブのような個展だ。

表紙とインタビューページの撮影は、その個展の会場で作品をバックに行われ、作品が変わるごとに香取の表情も変わった。「SPACE DANCE」と名付けられたオブジェの前にしゃがみ込んだとき、香取に何かが降りてきた。蜷川実花いわく「(香取の)中身が写っちゃった!」。その一枚が、表紙の写真に選ばれた。

インタビューでは、絵を描き始めたころのこと、新作の多くは香取自身がモチーフであること、香取にとってアートとは「自分のいろいろな部分を初めて世に出せている場所」であることなどを語っているほか、「アーティスト香取慎吾」誕生の瞬間に、草なぎ剛が大きな役割を果たしたエピソードも披露している。
※「草なぎ剛」の「なぎ」は、弓へんに前+刀が正式表記

インタビューの全貌は、 AERA2019年5月13日増大号で確認しよう。


書籍情報

『AERA (アエラ)』2019年5/13 増大号
発売日:5月2日
特別定価:410円(税込)
表紙:香取慎吾


リリース情報

2018.12.12 ON SALE
新しい地図 join ミュージック
DIGITAL SINGLE「#SINGING」


新しい地図 OFFICIAL WEBSITE
https://atarashiichizu.com/

AERA dot.
https://dot.asahi.com/aera/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人