劇団EXILE・鈴木伸之、122キロの豪速球で“タカガール”を魅了! 関口メンディーにライバル心メラメラ!?

■劇団EXILE・鈴木伸之、関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が始球式で記録した133キロ超えを誓う!?

劇団EXILE所属の俳優・鈴木伸之が、4月22日、東京ドームで行われた福岡ソフトバンクホークス対オリックス・バファローズ戦の始球式に登場した。

この日の試合は、ホークスを応援する女性ファン向けの特別イベント『タカガール▽デーin TOKYO』として行われ、女性入場者全員に「タカガールユニフォーム」を配布。スコアボードなどの球場装飾も含め、球場内がピンク一色となった。なお、『タカガール▽デー』が東京で開催されるのはこれが初。
※▽はハートマーク

現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演中の鈴木は、白衣姿で球場に登場。マウンドに立つと、白衣を脱いでホークスのユニフォーム姿に。2~3回、肩を慣らした後にピッチングすると、その豪速球ぶりに球場からは感嘆の声が上がった。

始球式後の記者会見で鈴木は「めちゃくちゃ気持ちよかったです。少年野球をずっとやっていたので、別の形で夢がかなってうれしかった」と満面の笑みを浮かべて、自身のピッチングについては「90点。高めにいってしまったので、欲を言えばもう少しストライクコースを目指したかった」と感想を述べた。

なお、ホークスの内川聖一選手と高橋礼投手からは、「とにかく楽しんで投げてほしい」とアドバイスをもらったとのことだ。

球速が時速122キロを記録したことを伝えられると、「練習では115キロがマックスだったので、7キロ更新できた。次回はまた7キロ更新したい」と意欲を見せ、同じくLDH JAPANに所属する関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が始球式で記録した133キロに迫ろうとするライバル心を覗かせた。

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演していることについて問われると、「月9は世の中の人がみんな知っているドラマ枠なので、そこに出させてもらえるのは光栄です。楽しんで観てほしいです」と、報道陣にアピールした。


『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』番組サイト
https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/

鈴木伸之 公式 Instagram(@nobuyuki_suzuki_official)
https://www.instagram.com/nobuyuki_suzuki_official/?hl=ja

劇団EXILE OFFICIAL WEBSITE
https://m.tribe-m.jp/artist/index/26


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人