コスプレイヤー・えなこが『映画 賭ケグルイ』に出演!「たぶん、皆さんが一度も見たことのないような顔をしたと思う(笑)」

■「共演者の皆さんが、カメラが回ると、演じているキャラクターたちが乗り移ったのかと思うような空気に変わったので、衝撃を受けました」(えなこ)

シリーズ累計500万部を突破した河本ほむら原作・尚村透作画の大人気コミック『賭ケグルイ』。“ギャンブルの強さのみ”で生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、最強ギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ/浜辺美波)を中心に繰り広げられる、予測不可能なギャンブルバトルが描かれている。

2017年にアニメ『賭ケグルイ』が放送され、翌年には、実写ドラマ化が実現。さらに今年は、アニメ続編となる『賭ケグルイ××』が放送されたほか、ドラマ続編『賭ケグルイseason2』が絶賛放送中。そして、原作者・河本氏がシナリオ原案・監修として参戦し、英勉監督とタッグを組んで、オリジナルストーリーを作り上げた『映画 賭ケグルイ』が、5月3日に全国公開となる。

ドラマに続き、夢子と桃喰綺羅莉(ももばみきらり/池田エライザ)率いる生徒会の戦いに注目が集まるなか、学園では反生徒会組織「ヴィレッジ」が勢力を強め、あらたに生徒会を脅かす存在となる。ギャンブルがすべての学園で、“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる「ヴィレッジ」と夢子を排除するために、生徒会は不参加者を即刻退学処分にするギャンブルイベント「生徒代表氏名選挙」の開催を宣言。原作にはない、夢子vs生徒会vsヴィレッジの、学園中を巻き込んだ壮絶な三つ巴戦を、ハイスピード&ハイテンションで描いている。

浜辺美波や高杉真宙ら、ドラマおなじみの出演陣に加え、映画オリジナルキャラクターとして宮沢氷魚や福原遥ら、若手実力派があらたに参戦。そんな中、“日本一のコスプレイヤー”として注目を集める、えなこが本作に出演していることが判明した。

コスプレのクオリティの高さと、かわいらしいルックスで注目を集め、Twitterフォロワー数が60万人以上と、国内外で群を抜いた人気を博しているえなこ。昨今では、バラエティ番組に出演したり、モデルとして週刊雑誌の巻末グラビアを飾ったり、声優を務めたりなど、幅広いジャンルで活躍している。“神レイヤー”との呼び声も高いえなこは、本作で生徒会が開催した「生徒代表氏名選挙」に参加している女子生徒を演じている。

劇中では、“非ギャンブル”の信念を曲げてまで、「ヴィレッジ」を守ろうとゲームに参加した福原遥演じる歩火樹絵里(あるきびじゅえり)と、「票争奪ジャンケン」というギャンブルバトルを展開! 演技経験はあまりない、えなこだが、演技派俳優たちに引けを取らない表情豊かな演技を披露。女優としての才能の片鱗を見せている。歩火に負けてしまい、顔を歪ませながら悔しがるかわいくもリアルな演技は見逃し厳禁だ。

もともと『賭ケグルイ』シリーズの大ファンだというえなこは、2017年に同人誌の展示即売会『コミックマーケット』で、クオリティの高い夢子のコスプレを披露したことがきっかけで、ドラマ『賭ケグルイseason1』のイベントに実際に劇中で使用された衣装を着用して登壇。細部まで再現したコスプレで会場を盛り上げた。

そしてついに、今回の映画版で本編への出演が決定! 『賭ケグルイ』の魅力を「個性的なキャラクターたちの魅力はもちろん、なかでもヒロインの夢子が大好き」と語るえなこは、自身初となる映画出演に「エンドロールに自分の名前が載っているのを見て感動しました」と、喜びのコメントを寄せた。

今回、コスプレイヤーとしてではなく、実際に『賭けグルイ』の世界に“役者”として参加したことについては、「私立百花王学園が、本当に存在するんじゃないかと思うくらいリアルだったので、できることならあのまま制服を着て学園に通いたかったです(笑)。共演者の皆さんはとにかく優しくて、撮影前も和気あいあいとした雰囲気だったのですが、カメラが回ると演じているキャラクターたちが乗り移ったのかと思うような空気に変わったので、衝撃を受けました」と撮影当時の印象を語った。

自身の演じた役と、本作の見どころを「福原さんが演じる歩火と戦う役を演じさせていただきました。たぶん、皆さんが一度も見たことのないような顔をしたと思うので(笑)、表情を見ていただけるとうれしいです」と熱く語ったえなこ。そんな彼女の記念すべき映画初出演作品となる『映画 賭ケグルイ』は必見だ。

えなこ コメント
Q. 映画初出演となりますが、率直に今のお気持ちを教えてください。
A. 演技の勉強をしていないということや、セリフを覚えるのが苦手ということもあって「映画に出てみたい」という憧れはあったものの諦めていたのですが、今回、カメオ出演という形でお話をいただけて本当にうれしかったです。エンドロールに自分の名前が載っているのを見て感動しました。

Q. 元々、原作コミックが好きで、コミケ出演時に衣装貸し出しのお願いをするくらいお好きだという『賭ケグルイ』の魅力を教えてください。
A. 個性的なキャラクターたちの魅力はもちろん、なかでもヒロインの夢子が大好きで、コミケでも夢子のコスプレをさせていただきました。作中でギャンブルで負けそうになったとき、夢子はいつも驚くような行動に出るので「今回はどんなことをするんだろう?」とワクワクして目が離せません。

Q. 実際に『賭ケグルイ』の世界観に入った感想や、撮影中の浜辺さんや劇中で戦った福原さんなど、共演したキャストの皆さんの印象を教えてください。
A. 私立百花王学園が本当に存在するんじゃないかと思うくらいリアルだったので、できることならあのまま制服を着て学園に通いたかったです(笑)。共演者の皆さんはとにかく優しくて、撮影前も和気あいあいとした雰囲気だったのですが、カメラが回ると、演じているキャラクターたちが乗り移ったのかと思うような空気に変わったので、衝撃を受けました。

Q. ご自身が演じる役どころや、映画の見どころを教えてください。
A. 福原さんが演じる歩火と戦う役を演じさせていただきました。たぶん、皆さんが一度も見たことのないような顔をしたと思うので(笑)、表情を見ていただけるとうれしいです。


映画情報

『映画 賭ケグルイ』
5月3日(金・祝)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:英勉
脚本:高野水登 英勉
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
シナリオ原案:武野光・河本ほむら(小説:「賭ケグルイ戯」より)
シナリオ監修:河本ほむら
ゲーム監修:オインクゲームズ
主題歌:そらる「アイフェイクミー」(Virgin Music)
オープニングテーマ:PassCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
出演: 浜辺美波 高杉真宙
宮沢氷魚 福原遥 伊藤万理華
松田るか 岡本夏美 柳美稀 松村沙友理(乃木坂46) 小野寺晃良
池田エライザ
中村ゆりか 三戸なつめ
矢本悠馬/森川葵 ほか
配給:ギャガ
(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会


番組情報

MBS/TBSドラマイズム『賭ケグルイ season2』
MBS:毎週日曜 24:50~
TBS:毎週火曜 25:28~
(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会 ・MBS


書籍情報

コミックス『賭ケグルイ』11巻
発売日:3月22日

『小説 賭ケグルイ戯』
発売日:3月22日


『賭ケグルイ』公式サイト
http://kakegurui.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人