松尾レミ、miwa、コムアイ、アイナ・ジ・エンド。4人の女性シンガーが、“ガンダム”の世界でSUGIZOとコラボ!

■『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』EDテーマに、GLIM SPANKY、miwa、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、アイナ・ジ・エンド(BiSH)の参加が決定!

4月29日より、NHK総合テレビにて『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の放送がスタート。

本作のエンディングテーマは、全4曲が予定されており、<ガンダム40周年>の総合音楽プロデューサーを務めるSUGIZOが音楽プロデュースする。

第1弾エンディングテーマとして、1982年に公開の『劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』の主題歌でもある「めぐりあい」(井上大輔)をSUGIZOがアレンジ・演奏・プロデュース、GLIM SPANKYが演奏・歌唱で参加することが決定した。

また、今後、miwa、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、アイナ・ジ・エンド(BiSH)をフィーチャリングする楽曲がエンディングテーマとして流れることも決定。第2弾以降のエンディング曲の詳細は放送での解禁を予定しており、新曲 or カバー、アーティスト、時期もサプライズ発表となる。

オープニングテーマはLUNA SEAが務め、エンディングテーマでは現代を代表するアーティストたちがSUGIZOとのコラボレーションで新しい音楽と世界観を創造。ガンダムの未来を示唆する書き下ろし新曲に、かつての名曲カバーも交え、ガンダム40周年を華やかに彩る。

SUGIZO コメント
今回『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』のOP曲&ED曲及び、40周年テーマ曲のプロデューサーという大役を任命いただき、子供の頃からの長年のファンとしては、ただただ光栄のひと言に尽きます。
僕の精神性、生き方を決定づけるファーストインパクトがガンダムでしたから。
そして同時に途方もないプレッシャーも感じました・・・果たして僕で良かったのか、と。
とにかく、自分が持つ揺るぎないガンダム愛と最大級のリスペクトを込めて、取り組ませていただきました。

今回の書き下ろし曲に関しては、40年にわたる日本のサブカルチャーを象徴する名作の歴史に心からの感謝と敬意を持ちながら、ガンダム世界の未来にポジティヴな光を照らすべく、存分に音を綴らせていただきました。
何よりもLUNA SEAとして関わらせていただくことができて、本当に感無量です。

過去ガンダム曲のカバーに関しては、自分がコアファン故に外せない決定的な名曲を、現在最も刺激的だと思う女性シンガーたちに歌ってもらいました。
僕が確信する最高の楽曲たちに、最高の布陣で、最高のアレンジを施しました。
それぞれの曲を現在進行形での輝きを持ち得る音楽として、そのポテンシャルを最大限に引き出せたのではないかと自負しています。

ぜひ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』、期待してください。
そして40年後のガンダムの未来がより輝いたものでありますように・・・。


リリース情報

2019.05.29 ON SALE
LUNA SEA
SINGLE「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美」


番組情報

NHK総合『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』
毎週日曜24:35〜
※関西地方は、毎週日曜25:09〜
※4月28日より放送スタート


『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』番組サイト
http://www.gundam-the-origin.net/tv/

LUNA SEA OFFICIAL WEBSITE
https://www.lunasea.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人