稲垣吾郎が妖怪“ケケケのケ太郎”に! “♪ケ、ケ、ケケケノケ〜”のループが耳から離れない!

■“スカルプD”新TVCM、本日よりOA! 稲垣吾郎のイケメン妖怪ぶりに、スタッフ一同うっとり!

稲垣吾郎を新キャラクターに起用した、男性用“スカルプD”と女性用“スカルプD ボーテ”のTVCM『スカルプD ティザー篇』が、本日4月16日より全国の主要都市でオンエアされる。

また、4月21日から『風呂篇』と『店頭篇』がオンエアされる。

■ケケケのケ太郎について
アンファーが4年ぶりにスカルプDのCMを制作。あらたなキャラクターで、稲垣吾郎が演じる“ケケケのケ太郎”は、日本の至るところに突然現れ、頭皮が気になる人に薬用スカルプシャンプーを勧めるスタイリッシュな妖怪だ。

ケ太郎は何も言葉は発しないのに、なぜか人は「頭皮が気になるのであれば、薬用スカルプシャンプーを使いなさい」と、言われている気になってしまう不思議なパワーを持っている。

アイコンとしてのインパクトと薬用商品のベネフィット、クリーンさを表現するキャラクターとして、“ケケケのケ太郎”が誕生した。

■撮影エピソード
稲垣吾郎が扮する“ケケケのケ太郎”は本CMではひと言も話さない妖怪。表情ひとつで会話を繰り広げるため、撮影中はつねに謎めいた妖怪を演じた。

さらに、ケ太郎が着用しているコートは全長1.9mと非常に長く重い仕上がりとなっているため、移動もひと苦労。ふたりがかりでマントを持ちスタンバイを繰り返したが、稲垣はクールにケ太郎を演じた。

また、ケ太郎は、いろいろな生活シーンに登場していくが、ケ太郎がとっているポーズはボトルを綺麗に魅せるためのポーズのため、1mm単位で持ち方を修正するなど器用な一面も垣間見えた。撮影は長時間にわたったが、謎めいた妖怪としてひと言も発しないなか、共演者、スタッフがうっとりする、さすがのイケメン妖怪ぶりとなった。

(C)水木プロ・東映アニメーション


“スカルプD”ブランドサイト
https://scalp-d.angfa-store.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人