松下奈緒のツアーに、アルバムで共演した古内東子&上地等(BEGIN)がシークレットで登場

■「(古内東子は)私の憧れるシンガーソングライター」(松下奈緒)

NHK連続ドラマ小説『まんぷく』出演、2019年2月映画出演など、女優としても活躍中の松下奈緒。2月6日にリリースした約4年ぶりとなるオリジナルアルバム『Synchro』では、様々なアーティストとコラボレーションし、その才能がシンクロしたインストゥルメンタル、ボーカル曲を中心に圧倒的な表現力を魅せている。

そんな彼女が4月13日、全国ツアー『JAバンクpresents 松下奈緒コンサートツアー2019 〜Synchro〜』の東京・bunkamuraオーチャードホール公演を開催。本公演には、今回のアルバムで共演した古内東子、上地等(BEGIN/p&vo)がシークレットゲストとして出演した。

BEGINのピアニストである上地等は、松下が出演する映画の主題歌をBEGINが担当し、その楽曲に松下がピアノ演奏で参加したことをきっかけに、松下の楽曲「忘れないのは」を作編曲。ピアノ演奏でも参加した。古内東子は、ボーカル曲「偶然と特別」を書き下ろし、ゲストで歌唱参加した。

本公演では、古内東子が「泣けるほど逢いたい」でピアノ&コーラス、「偶然と特別」でコーラスとして2曲で共演。松下は「私の憧れるシンガーソングライター」と話し、少し緊張した様子を見せつつも、圧巻のパフォーマンスで魅了した。

上地等は「忘れないのは」で、松下奈緒のボーカルとピアノ演奏で共演を果たした。MCでは、楽曲制作の経緯やレコーディングの話に触れ、その楽しい制作の様子が伺え、パフォーマンスも大いに盛り上がりを見せた。

そのほかにもアルバム曲を披露し、訪れた1,800人を魅了。ライブは、盛況のうちに幕を閉じた。

■古内東子 コメント
(楽曲共作について)
大きな瞳から伝わる凛とした強さと、透き通った少し儚げな歌声が、とても素敵なギャップのような気がして、女性の繊細で複雑な想いを、奈緒さんの表現力で歌っていただけたらと思い、心を込めて作りました。

■BEGIN・上地等 コメント
(ライブ事前コメント)
映画『母を無くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の主題歌を担当させてもらったご縁から、松下さんの曲を書かせていただきました。それだけでもうれしいことなのに、ライブも参加させていただいて、共演をとても楽しみにしてます。


リリース情報

2019.02.06 ON SALE
ALBUM『Synchro』


松下奈緒 OFFICIAL WEBSITE
http://www.matsushita-nao.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人