米津玄師がまたも快挙達成!「Lemon」が平成生まれアーティスト初のトリプルミリオンセールスを記録

■米津玄師、CDセールス中心であった平成の音楽史に今までにないあらたな記録の形を提示

米津玄師の楽曲「Lemon」がトリプルミリオンセールを記録。数々の記録を更新し続ける米津玄師が、平成を締めくくる4月にまたあらたな偉業を成し遂げた。

2018年の各主要ランキングを総なめにした「Lemon」。2018年3月14日にリリースされたCDシングルは、53万セールスを突破。2月12日より配信開始したデジタルダウンロードの249万ダウンロードと合わせて302万となり、トリプルミリオンセールスを達成した。(2019年4月8付、ビルボードジャパン調べ)

平成生まれのアーティストとしては、「史上初」のトリプルミリオンセールス。ビルボードジャパンが2008年に総合チャート「JAPAN HOT 100」を発表開始して以降、サザンオールスターズ「TSUNAMI」、SMAP「世界に一つだけの花」に次ぐ3作品目のトリプルミリオンセールスとなった。

さらに、ビルボードジャパンがダウンロードデータを集計開始した2010年以降にリリースされた作品としては、初となるトリプルミリオンセールスを記録。歴代の名曲と並び、平成を締めくくる快挙達成となった。

TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろした楽曲「Lemon」は、配信初週で23.6万ダウンロードを記録し、主要配信サイトのデイリーランキングで21冠、ウィークリーランキングで13冠を達成。2019年1月に日本レコード協会「史上最速」、オリコンデジタル「史上初」の200万ダウンロード認定を受けた。

CDセールスのみならず、デジタルダウンロード数と合算でのトリプルミリオン達成は、CDセールス中心であった平成の音楽史に今までにないあらたな記録の形を提示したといえる。

また、YouTubeで公開している「Lemon」のミュージックビデオは、3.5億回再生を記録。米津のYouTube公式チャンネル登録者数は350万人に到達しており、1億回再生超えの動画数は7作品と日本最多、総合計再生回数も18億回再生を突破し、今もなお記録更新中だ。オフィシャルTwitterのフォロワー数も200万人を超えている。

2018年2月のリリース以降、1年を通して世代を越え幅広いユーザーから大きな支持を獲得した「Lemon」。さらに、『第69回NHK紅白歌合戦』でのテレビ初歌唱の大反響を受け、米津は国民的アーティストとして確固たる人気を築いた。

日々、目まぐるしく変わる音楽シーンにおいて「♪今でもあなたはわたしの光」と歌う米津玄師。平成だけでなく、新しくはじまる新時代でも音楽シーンの未来を照らす“わたしたちの光”として、多くの驚きをもたらしてくれるだろう。

PHOTO BY Jiro Konami


リリース情報

2018.03.14 ON SALE
SINGLE「Lemon」

2018.10.31 ON SALE
SINGLE「Flamingo / TEENAGE RIOT」


米津玄師 OFFICIAL WEBSITE
http://reissuerecords.net/


SINGLE「Lemon」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人