TAKAHIRO(EXILE)、高校生からの「なぜそんなにかっこいいんですか?」の質問に「俺にもわかんないんだよね〜(笑)」

■TAKAHIRO(EXILE)×松坂慶子×秋山真太郎×錦織良成監督、島根県隠岐の島で行われた、映画『僕に、会いたかった』完成披露上映会にサプライズ登壇!

日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ、EXILEのボーカルとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して映画で初めて単独主演した感動作『僕に、会いたかった』(5月10日公開)。

記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生(M!LK)ら今が旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支える。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成。島根県隠岐の島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマだ。

そして4月9日、映画の舞台となった島根県隠岐の島、島前高校にTAKAHIRO、松坂慶子、秋山真太郎がサプライズで登壇! 当日は高校の入学式でもあり、新入生や在校生、学校関係者や保護者らを前に舞台挨拶を行った。

映画の上映前に、錦織監督から、映画撮影への多大なる協力への感謝と、映画が完成したことの報告が述べられると、続けて「実は、みんなもお礼が言いたいと来てくれました!」とTAKAHIRO、松坂慶子、秋山真太郎が登壇。場内は大歓声に包まれた。

TAKAHIROは「忘れもしない、クランクインがこの島前高校だったんです。戻ってくることができ、うれしく思います」で笑顔で挨拶。

錦織監督から「脚本を書いたときに思い浮かべたのが松坂さん」というラブコールを受け、出演が決まった松坂も「今日は入学式だったんですって? おめでとうございます。隠岐の島は本当に美しいところで、わたしにとっては神秘的で世界との繋がりを感じる場所です。こういう場所だから、みんなが素直な優しい人に育つのかな。良いところに住まれて、いいですね」と目の前の新入生たちに優しく語りかけた。

秋山は「島前高校の桜並木で、僕が坂道の上から自転車で駆け下りてくるという松坂さんとの共演シーンがクランクインでした」と語り、松坂から「すごい運動神経で、毎回ぴったりの位置に止まるのよね」と言われると場内からは笑いも。

松坂は、撮影以外でも部屋にこもったりするのではなく、島を散策していたそうで、TAKAHIROは「ロケ中、車で移動するときに道で松坂さんをお見掛けするんですよ。『すごい! 松坂さん、ひとりでお散歩されてる!』と驚きました!」と語った。また、「運動場も広いし、鉄棒使ってロケの空き時間などに筋トレしたりしていたんです。あと(島留学の生徒が住む)寮の食堂でカレー食べたりしましたね」と語ると、生徒たちからは大きな驚きの声が上がった。

また、急きょ生徒からの質問に答えるQ&Aを実施。男子生徒から「TAKAHIROさんは、なぜそんなにかっこいいんですか?」と問われたTAKAHIROは「俺にもわかんないんだよね~(笑)」と答え、場内の笑いを誘う。そして、「男っていうのは、生きざまが出るのかなと。生きざまが男をかっこよくすると思う。そしてこれからたくさん恋をすると思うけど……、彼女はいるの?」と逆質問。

「(同じ学校に)彼女いまーす!」と男子生徒が元気よく答えると「早いな!」と焦り気味。秋山とともに「俺たちが同じ年ごろのころは、恥ずかしくて言えなかったな……」としみじみと語っていた。

TAKAHIROは最後に「島民の皆さんのご協力あってこそ出来上がった映画です。隠岐の島の素晴らしさを、日本全国の皆さんにお伝えできるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」と語り、たくさんの笑顔に包まれた舞台挨拶が終了した。

『僕に、会いたかった』は、 5月10日よりTOHO シネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー。


映画情報

『僕に、会いたかった』
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村沙也 斉藤洋一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以
小市慢太郎 /松坂慶子
監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
配給:LDH PICTURES
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会


『僕に、会いたかった』作品サイト
https://bokuai.jp/

EXILE OFFICIAL WEBSITE
https://exile.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人