表紙は、華麗に客席上空を舞う堂本光一! 舞台総合専門誌『act guide』、発売日に即日増刷決定

■堂本光一主演『Endless SHOCK』の名シーンを斬新な角度から切り取った表紙が話題に!

平成の最後から新元号「令和」の時代へ移行する特別な今春。その演劇界を“ガイド”する舞台総合専門誌『actguide』が、3月27日の発売初日に早くも増刷を決定していたことがわかった。

同誌の表紙は、先日の東京公演千穐楽で、堂本光一が単独主演1,700回を達成した『Endless SHOCK』。その劇中で光一演じるコウイチが、命の灯火を燃料に腕力だけで客席上空を舞うリボンフライングを、独自の視点から激写したもの。その姿を祈るように見守る観客の想いまでが伝わる表紙、そして心に迫る裏面表紙も読者を魅了し、発売前後から大きな反響を呼んできた。

誌面では、共に帝国劇場という演劇の殿堂に立ち続け、ミュージカル界を牽引している光一と同い年の朋友・井上芳雄との濃密対談が話題のひとつ。昨年『ナイツ・テイル―騎士物語―』で初共演し、強い信頼関係で結ばれたふたりの、エンターテイナーとしての覚悟がにじむやりとりと、愛くるしいツーショットも読者の心を鷲づかみにしている。

そんな彼らの絆は、『Endless SHOCK』東京千穐楽のカーテンコールに井上がサプライズで登場し、自身主演の『十二番目の天使』終演直後ながら、司会まで買ってでたことでも再認識させられた。

同カーテンコールでは「一公演が無事に終わることが奇跡」と語る井上に深く同調し、「俺の人生幸せですね」としみじみ語った光一。今こそ、彼らの溢れんばかりの言葉と表情の数々で綴られる誌面は必見だ。

さらに、ストレートプレイ、ミュージカル、歌舞伎、新劇、小劇場、海外など多彩なジャンルのインタビューや紹介記事もコアファンの目を引いている。


書籍情報

『act guide』
定価:本体833円+税
判型:A5正寸
【ラインナップ】
「Endless SHOCK」堂本光一 ほか/「LIFE LIFE LIFE」ケラリーノ・サンドロヴィッチ/「四月大歌舞伎」市川猿之助/特別対談・藤間勘十郎×森山未來/「ピピン」城田優&クリスタル・ケイ/「良い子はみんなご褒美がもらえる」堤真一×橋本良亮/「レ・ミゼラブル」福井晶一×吉原光夫×佐藤隆紀×川口竜也×上原理生×伊礼彼方/「恐るべき子供たち」白井晃/「ピカソとアインシュタイン」岡本健一×川平慈英/「BLUE/ORANGE」成河・千葉哲也・章平/「十二番目の天使」井上芳雄/「笑う男」浦井健治/劇団新派・喜多村緑郎×河合 雪之丞/文学座・亀田佳明/OSK日本歌劇団・桐生麻耶/「ヒトハミナ、 ヒトナミナ」横山拓也/藤田俊太郎、 ロンドン・デビューを振り返る/おすすめダンス/「王様と私」/ヨーロッパ演劇賞/BW・WE・SEOUL情報 etc…. 春の国内外注目特集
※全国の書店、 ネット書店、 TOKYO NEWS magazine&mookにて購入できます。


TOKYONEWSmagazine&mook
https://zasshi.tv/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人