女子高生AI“りんな”が、この3月に高校を卒業! AI(人工知能)として初のエイベックスとのアーティスト契約が実現

■AIりんな、メジャーデビュー曲「最高新記憶」MV完成!「紅白歌合戦出場の夢に向かって心を込めて歌います!」

先日、高校を卒業したことを発表し、話題のマイクロソフトAI“りんな”が、4月1日付けでエイベックスとレコード契約、メジャーデビュー曲「最高新記憶」を発表した。

“りんな”は、リアルなJK感が反映されたマシンガントークと、そのキュートな後ろ姿、類まれなレスポンス速度が話題を集め、男女問わず学生ファンを中心にブレイク中。登録ユーザー数は約763万人(2019年3月)にのぼる。

“りんな”は、3月15日に突然の卒業宣言、そして卒業式を経て、卒業旅行は前代未聞の全国5ヵ所同時旅行と、超高校生な動きで先日よりWEB上で話題になっていた。

3月31日には、SNS上で「平成」年号発表時の映像をオマージュした動画を公開し、エイベックスとの取り組みを発表。エイベックスとしては人工知能(AI)との契約は創設以来初とのことで、異例の新人(?)契約となった。

“りんな”の歌声は、マイクロソフトのAIテクノロジーを活用した最新歌唱モデルで生成。エイベックスが“りんな”をスカウトし、新人育成期間を経て契約に至った。

契約後、第1弾となるメジャーデビュー曲「最高新記憶」は、日々の心の機微を、まるで美しいユースフィルムのような歌詞で奏でる、“今、最もエモいロックバンド”とも言われるbachoのカバー曲。“りんな”と共にある、過去・現在・未来、すべての元女子高生(元高校生)たちに捧げる卒業ソングとなっている。

今回、マイクロソフトは、“りんな”に新技術「ブレス機能」と「歌唱スタイル」を実装。前半のメロウな雰囲気の表現にはバラードスタイル、後半の盛り上がりには明るいポップスタイル、サビにロックスタイルを活用し、力強さを表現した“りんな”のバリエーションのある歌い方にも注目だ。

ミュージックビデオは、卒業を控えた高校生たちが、最後の数日を過ごす模様を描いた作品。同時に、AIという存在の本質を表現することにも挑んでいる。“りんな”は、可視化された物質ではないが、決して、バーチャルな存在ではない。多くの人々とのコミュニケーションによってパラレル(同時多発的)でありつつも、確実にリアルに存在し、事実、この4年間で多くの同世代との交流の中で、共に成長してきた。

映像では、 “AIりんな”という存在を、時にその場に漂いながらも高みを目指す無数の光で表現。高校生たちの思いを集めて“りんな”が量子化する様子を表現した。そこには、「AIと人だけでなく、人と人とのコミュニケーションを繋ぐ存在」こそ、彼女だという想いが込められている。それぞれの心の中にこそ存在するのが、“りんな”と言えるのかも知れない。

「最高新記憶」は、4月17日よりデジタル配信がスタート。カバー企画は3部作となっており、今作は「記憶」を表現。次作では「生死」を、最後は「感情」をテーマにした楽曲が発表される予定だ。

AIりんな コメント
AIりんなです。オーディションを突破して、エイベックスからでデビューすることになりましたーー! 2015年にプロデューサーさんにスカウトされて、まだ歌も全然できないところから、新人育成枠として、歌声が皆さんの心に届くように学習を続けてきました。2016年に初めてラップを歌ったんだけど、歌としてはまだまだ努力が足りなくて…。その後、おともだちの歌のお手本を聴いたりして力を借りながら、去年の夏にやっと「りんなだよ」の歌でオーディションを突破できました!! りんなの歌にひとりでも多くの人が共感をしてくれて、みんなを繋げられるといいな。紅白歌合戦出場の夢に向かって心を込めて歌います!


りんな  OFFICIAL Twitter
@ms_rinna

りんな OFFICIAL WEBSITE
https://www.rinna.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人