乳がん公表から1年。元SKE48・矢方美紀が回想録を出版。「この本が早期発見・早期治療の一助になってほしい」

■元SKE48・矢方美紀が、病気とまっすぐに向き合った1年を振り返る『きっと大丈夫。〜私の乳がんダイアリー〜』

乳がん公表から1年、SKE48の元メンバー・矢方美紀が回想録を4月26日に発売することが決定した。

2018年4月、所属事務所の公式サイトと本人のブログを通じて、みずから乳がんであることを発表した矢方美紀。当時、まだ25歳という若さで乳がんにかかったことから大きな話題となった。

そんな彼女が病気と闘いながら治療を続ける姿を、NHK名古屋放送局が追い続け、『#乳がんダイアリー 矢方美紀』として放送してきた。番組サイトでは、のべ100日以上の自撮り動画の日記が公開されている。

この番組が、SNSなどで口コミ的に広がり、同世代の女性や同じ病気を患った方々から大反響に。そして、病気の発見からおおよそ一年が経過したいま、治療を続けてきたこの間を振り返りながら、現在の気持ちを一冊の書籍にまとめたのが本書『きっと大丈夫。 ~私の乳がんダイアリー~』だ。

現在、日本女性の11人に1人が乳がんにかかるというデータがあるが、本書には、矢方の「この本が早期発見・早期治療の一助になってほしい」という思いが込められている。


書籍情報

『きっと大丈夫。~私の乳がんダイアリー~』
発売予定日:4月26日
著者:矢方美紀
定価(予定):1,400円+税
仕様:四六判ソフトカバー 192ページ
発行:双葉社


『#乳がんダイアリー 矢方美紀』番組サイト
https://www.nhk.or.jp/nagoya/nyugan/diary/

矢方美紀 OFFICIAL BLOG
https://ameblo.jp/yakata-miki/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人