草なぎ剛、香取慎吾、稲垣吾郎が『パラ駅伝 in TOKYO 2019』で、参加者を讃え熱唱ライブ

■草なぎ剛が第4区を快走!「超気持ちいい!」

日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)が、3月24日にパラスポーツイベント『パラ駅伝 in TOKYO 2019』を開催した。

パラ駅伝は、様々な障がいのあるランナーや健常者のランナー9名(伴走ランナー1名含む)がチームをつくり、タスキを繋ぎゴールを目指す。第4回目の開催となる今回は、全国16都道県から17チーム、海外からはカンボジアチーム、パラサポスペシャルサポーター・草なぎ剛と動画クリエイターたちとのコラボチーム「チーム i enjoy!」、そして今回で3回連続出場となる 「チーム よしもと」も参加し、過去最多の20チーム180名のランナーが出場した。
※「草なぎ剛」の「なぎ」は、弓へんに前+刀が正式表記

オープニングアクトでは、パラサポスペシャルサポーターの稲垣吾郎と香取慎吾、パラ駅伝サポーターをつとめるキャイ〜ンが登場し、観客から選ばれたフラッグベアラーと選手がともに入場。1万7,500人が来場した観客席は大いに盛り上がり、スタートを迎える選手へ大きな声援が送られた。

カウントダウンは稲垣、スターターは香取が務め、会場一体がスタートを心待ちにするなか、1区視覚障がいランナーと伴走者20チーム40名が一斉にスタートを切った。

駅伝レースは、 「チーム i enjoy !」 として草なぎ剛が第4区を快走。レース後、開口一番「超気持ちいい!」とコメントし、「声援が力になりました。今日からまた鍛えます」と息を切らしながらも充実の表情で話した。

動画クリエイターのFischer‘s -フィッシャーズ-や、神スイングでおなじみの稲村亜美も沿道の声援に応えながら笑顔でタスキを繋いだ。また、吉本興業所属のタレント・アスリートで編成された「チームよしもと」も、げんき〜ずや木村真野が激走し、昨年に続き応援でも盛り上げた。

カンボジアチームでは、リオデジャネイロオリンピック男子マラソンのカンボジア代表・猫ひろしも大活躍。「大勢の前で走ることができ、気持ちよかったです。自然と『なんも言えねぇ』という言葉が出てしまったほどです」 と述べた。 昨年も好評だったウェーブ応援も実施され、「チーム i enjoy!」「チーム よしもと」が選手と一緒にトラックを走る様子に、ゲストも参加者も一体となって楽しんだ。

次々と最終走者がゴールし、会場が熱気に包まれるなか、最後にフィールドへ入ってきたのは、「チーム i enjoy!」 の最終走者でフィッシャーズのンダホ。ンダホがフィールドに入ってくるなり、大声援が沸き起こり、その後はチームメートたちと一 緒に走ってゴールを目指し、20チーム目のゴールテープを切った。ンダホは「本当に、声援ありがとうございました!」 と声を振り絞って声援に感謝を表した。

全員のゴールを終え、稲垣は「会場の皆さんの心がひとつになり、見ていて僕も心が熱くなりました」と感想をコメント。優勝は「ベリーグッド とちぎ」。準優勝は「ぐんまちゃんランナーズ」、第3位は「TEAM MIYAGI」だった。

フィナーレは、稲垣、草なぎ、香取がスペシャルライブとして「#SINGING」と「雨あがりのステップ」の2曲を披露し、会場は大興奮! ボランティアや選手も笑顔でライブを楽しみ、『パラ駅伝 in TOKYO 2019』が大盛況のなか終了した。

写真提供:日本財団パラリンピックサポートセンター


新しい地図 OFFICIAL WEBSITE
https://atarashiichizu.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人