テミン、圧倒的パフォーマンスで1万5千人の母国ファンを魅了

公演のタイトル『T1001101』は、テミンの頭文字「T」に、Mを2進数で表記した「1001101」を加えて完成!

SHINee・テミンの単独コンサートが、韓国・ソウルで行われ、大盛況の中で終了した。

テミンの韓国での2nd単独コンサート『T1001101』は3月15~17日の3日間、ソウルオリンピック公演SKオリンピックハンドボール競技場にて開催。ステージを支配するテミンの圧倒的なパフォーマンスとステージマナー、感覚的な音楽、華やかな演出が混じり合った公演で、3日間1万5千人のファンの熱い反響を得た。

特に今回の公演は、テミンが約1年5か月ぶりに開催した韓国のコンサートで、チケット販売開始と同時に3回の公演がすべて完売を記録するなど、その高い人気を実感させた。公演のタイトル『T1001101』はテミンの頭文字「T」にMを2進数で表記した「1001101」を加えて完成されたもの。そのテミンのアイデンティティを満喫できるクオリティの高いステージで観客を魅了した。

今回の公演でテミンは「Press Your Number」「MOVE」「WANT」などのヒット曲を筆頭に、「Artistic Groove」「Shadow」「Never Forever」「Truth」など今年2月に韓国で発表した2ndミニアルバムの収録曲、「HOLY WATER」「Into The Rhythm」など日本で発表した曲まで、全25曲を披露し、会場を大いに盛り上げた。

それに加え、ソロアーティストとしてのテミンの抱負を込めた曲「Identity」、テミンが作詞に参加した幻想的な雰囲気の曲「Heaven」、甘いメロディと歌詞が印象的な「사랑인 것 같아 (訳・恋なのかもしれない)」など、今回のライブのために準備した新曲3曲も初披露され、注目を集めた。

また、SHINeeのヒット曲「Sherlock」とのマッシュアップで新しくなった「괴도 (Danger)」、そして「최면 (Hypnosis)」、「혼잣말 (Monologue)」などテミンのボーカルが目立つバラードセクションまで、“過去最大級ソロ男性アーティスト”らしい圧倒的なパフォーマンスで大勢のファンの歓声を浴びた。

そして、日本では、昨年、開催した初のソロ全国ツアー『TAEMIN Japan 1st TOUR~SIRIUS~』の武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで行われたファイナル公演を完全収録したライブDVD&Blu-rayが3月13日リリースされたばかり。今回の韓国での2nd単独コンサート『T1001101』でも披露された「Into The Rhythm」「HOLY WATER」ももちろん収録されている。

「Into The Rhythm」でダンサーたちと情熱的なダンスを見せながらも、心からステージを楽しんでいるのが伝わる印象的なパフォーマンスや、アンコール最後の曲として披露され、まるで会場全体を率いて突き進むかのようなスケール感を感じせた「HOLY WATER」など、圧巻のテミン・ワールドが炸裂。観る者すべてを魅了する映像作品となっている。

さらに、3月27日には、日本で初の写真集『PORTRAIT』が発売。日本でも精力的に活動の領域を広げていくテミン。さらなる高みを目指し、ソロアーティストとして躍進するテミンから目が離せない。


書籍情報

テミン 写真集『PORTRAIT』
発売日:3月27日(水)
著者:テミン
撮影:尾身沙紀
価格:定価(本体2778円+税)
仕様:B5判変型(188×264mm)/ソフトカバー/オールカラー/全160ページ


イベント情報

テミン、ソロ写真集『PORTRAIT』サイン会
04/17(水)18:30~ 予定
開催場所:都内某所 ※詳細は当選者の方のみにお知らせします。
招待者数:200名
応募受付期間:03/15(金)12:00~04/01(月)12:00まで

その他、サイン会に関する詳細および注意事項を福家書店のサイトまで。
http://www.fukuya-shoten.jp/event/19041718


リリース情報

2019.03.13 ON SALE
Blu-ray&DVD『TAEMIN Japan 1st TOUR~SIRIUS~』


ライブBlu-ray&DVD『TAEMIN Japan 1st TOUR~SIRIUS~』特設サイト
https://shinee.jp/taemin/sirius/

TAEMIN OFFICIAL WEBSITE
http://www.shinee.jp/taemin/

SHINee OFFICIAL WEBSITE
http://shinee.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人