見かねたスタッフがセットを強制撤去! OKAMOTO’S、ハマ・オカモト生誕祭でやりたい放題

■『OKAMOTO’S 10周年記念特別公演 〜ハマ・オカモト“に”大感謝祭!〜』開催。ハマ・オカモトは20分にわたってベースソロを披露! オカモトレイジはカラオケで熱唱!

3月12日、大阪・なんばHatchにて、OKAMOTO’Sのベーシスト、ハマ・オカモトの生誕28周年を祝う『OKAMOTO’S 10周年記念特別公演 ~ハマ・オカモト“に”大感謝祭!~』が開催された。

ハマ・オカモトの誕生日に行われた本公演では、メンバーであるオカモトショウ、オカモトコウキ、オカモトレイジが、自身の持ち味を活かした、ハマ・オカモトへの日頃の感謝を伝える持ち寄り企画を披露。

オカモトショウは、観客を巻き込んだハマへのサプライズを仕込み、オカモトコウキはピアノ&ギターでの弾き語りを、オカモトレイジはステージ上にカラオケセットをセッティングさせ、次から次へとヒットソングを歌い、やりたい放題なステージとなった。

見かねたスタッフがセットを強制撤去しても、レイジのカラオケは止まらず、ハマが制止するひと幕も。

その後、気を取り直したメンバーはいつものバンドセットにつき、ハマ・オカモトを祝福する「HAPPY BIRTHDAY」からライブをスタート! いつも以上にハッピーなステージを披露した。

なかでも彼らのライブ定番曲「Beek」では、ラストのサビの直前で演奏が止まり、ここでこの日のスペシャルな演出が。コウキとショウがハマのベースコレクションを袖から次々と持ってきてはハマへ手渡し、そのたびにハマは上手(かみて)&下手(しもて)に設置された巨大なお立ち台を右往左往しながらベースソロを代わる代わる弾いていく。20分程度の時間、ベースを変え、位置を変え、観客を湧かせ続けた。

そして、イベントの最後にはOKAMOTO’Sの公式アプリ「オカモトークQ」のリリースを発表。

4月6日に全国ツアーをスタートさせるタイミングでのリリースを予定しており、ここでしか観られない独自コンテンツや動画などもアプリ内で配信されるという。

また、現在更新が不定期になっているYouTube動画コンテンツ『オカモトーーーク』の名前を冠したアプリであることからも、「オカモトーーーク」の新録が期待できそうだ。

武道館でのツアーファイナルに向かって本格的に動き出すOKAMOTO’Sから、今後も目が離せない。


リリース情報

2019.01.09 ON SALE
ALBUM『BOY』


アルバム『BOY』特設サイト
http://www.okamotos.net/special/boy/

OKAMOTO’S OFFICIAL WEBSITE
http://www.okamotos.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人