ドラマ『中学聖日記』の名場面が甦る! Uru「プロローグ」×『中学聖日記』スペシャルダイジェストムービー公開

■Uruが歌う主題歌「プロローグ」とともに、ドラマの名シーンを特別編集したダイジェストムービー!

TBS系火曜ドラマ『中学聖日記』と、Uruが歌う主題歌「プロローグ」のスペシャルダイジェストムービーが、TBS公式YouTubeチャンネルで公開された。

今回のスペシャルダイジェストは、3月29日にドラマのDVD、Blu-ray BOXが発売されることに先がけて公開されたもの。映像は、ドラマの第1話から11話までの全話の名シーンを、“イントロが流れるだけで涙を誘う”と視聴者から反響を呼んだ主題歌「プロローグ」とともに特別編集されている。

ドラマ『中学聖日記』は、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で人気連載中の、漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田健史)に心惹かれていく教師・末永聖(有村架純)の“禁断の純愛”を、儚くも美しく描いたヒューマンラブストーリーだ。

昨年10月クールで放送されるやいなやYouTube にアップされる予告の再生回数が数日で軒並み100万回を超えるほか、オンエア当時にTwitterトレンドワードに毎週登場するなど、ネットを中心に爆発的な人気を呼び、先月発表された第99回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞にて最優秀作品賞を受賞。さらに、助演男優賞を岡田健史、助演女優賞を吉田羊が受賞し、「プロローグ」のドラマソング賞に加えて計4部門で受賞し、オンエア後も話題を呼んでいる。

「プロローグ」は、ドラマのためにUruが作詞・作曲を手掛け、書き下ろした楽曲。恋の始まりに揺れ動く気持ちや、募っていく恋心を描くバラードだ。配信初日には、自身最多となる11冠のデイリーランキング1位を獲得。パッケージリリースのタイミングでも再びiTunes・レコチョクで1位にチャートイン、12月12日発表の最新オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでも1位を獲得し、今年度を代表するドラマヒットソングのひとつとなっている。

Uruは、今週末3月10日に、自身最大規模のワンマンライブ『Uru Live「T.T.T」 supported by uP!!!』をTOKYO DOME CITY HALLにて開催。チケットは発売と同時に完売しており、注目度の高まりを感じさせる中、「プロローグ」の初披露に期待が高まっている。

(C)TBS


リリース情報

2018.10.30 ON SALE
DIGITAL SINGLE「プロローグ」

2018.12.05 ON SALE
SINGLE「プロローグ」


ライブ情報

Uru Live「T.T.T」 supported by uP!!!
03/10(日)東京・TOKYO DOME CITY HALL


『中学聖日記』番組サイト
http://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs

Uru OFFICIAL WEBSITE
http://uru-official.com


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人