超特急、『KOBE COLLECTION 2019』全3ステージでファンを魅了

■超特急、ライブステージに加えて、ブランド「STUDIOUS」のファッションモデルとしても登場!

3月3日、神戸ワールド記念ホールにて開催された『神戸コレクション2019 SPRING & SUMMER』に超特急が出演。人気ブランドによるファッションショーや豪華ゲストによる音楽ライブと華やかなステージが続く中、超特急はライブとファッションショーの両方に登場。超満員の観客を大いに沸かせ、イベントに花を添えた。

開国の時代から海外の文化を積極的に取り入れてきたファッションの街・神戸にて、リアルクローズを対象としたファッションショーとして、2002年より毎年、春と秋に開催されている『神戸コレクション』。人気モデルたちによる華やかで派手やかなファッションショーが続く中、超特急は2ndステージのラスト、ライブゲストとして登場した。

オープニングVTRが流れると会場にペンライトの光と大きな歓声が上がり、メンバーがステージに登場。「みんなで盛り上がって下さい!」とユーキが叫び、「SAY NO」でライブがスタート。<POP>をテーマに、のっけからテンション全開だった最初のステージ。お客さんも“OhOhOh”と掛け声を合わせたり、NAINAIポーズにペンライトを振ったりと、曲が進むほどに盛り上がりが増していく。ミラーボールの光が会場を照らす中、パラパラダンスで始まった「PUMP ME UP」は、タカシが“♪みんなみんな踊りましょ、平成最後の神戸コレクション!”と歌詞を変えて歌ったりと楽しい空気が包み、会場をさらに熱くさせる。短い自己紹介を済ませると、花道を歩きながら「Burn!」のイントロに乗せて観客を煽る6人。全力で踊る姿に観客が自然とバッテンポーズを合わせると、カイのリードでサビの合唱が起きる。ラスト「超えてアバンチュール」では、ヘッドバンキングに合わせて観客がペンライトを振ったりと、メンバーと観客が一体となって盛り上がり、楽しいばかりだった15分の短いステージを駆け抜けた。

2ndステージのライブに続き、3rdステージ中盤は東京発のあらたなスタイルを提示し続けるブランド「STUDIOUS」のファッションモデルとして登場。クールなEDMサウンドをBGMに、レザーライトが飛び交うきらびやかなランウェイに最初に登場したのは、ブルーのジャケットをルーズに着こなしたカイ。クールな笑顔を見せてポーズを決めると、黄色い歓声が上がる。茶色を基調とした大人っぽいコーディネートで登場したリョウガは、ポーズとともに変顔を決める。春らしいピンクのジャケットを羽織ったタクヤは男らしく凛々しい表情でランウェイを歩き、ストライプのシャツに白のパンツがまぶしいユーキはキュートな笑顔で手を振って歓声にこたえる。胸元の開いたざっくりしたシャツがワイルドな印象を与えたユースケは、カッコつけきれずにやっぱり変顔。ラスト、落ち着いたブルーのコートをなびかせて颯爽と登場したタカシは、白い歯を見せながらさわやかに「タカシやで!」のポーズ。普段とも少し異なる印象を与えるファッションと、ふとした表情やしぐさに6人の魅力が見えたランウェイに、たくさんの観客が魅了されていた。

そして、「神戸コレクション」もいよいよクライマックスとなる4thステージ中盤、この日2度目のライブステージに立った超特急。<POP>をテーマとした最初のステージに対し、今回のテーマは<COOL>。

クールな表情の6人がステージに立つと、カイがバラを投げ捨て、ユーキが苦悩の顔で床を叩くようにしゃがみ、1曲目「need you」で静かにライブが始まる。最新アルバム『GOLDEN EPOCH』収録曲であり、超特急の最新型と言えるこの曲。タカシの真っすぐで切ない歌声に、それぞれが気持ちを重ねるように全身で感情を表現。1度目の楽しいステージとは違った表情を見せる超特急に、観客の目が釘付けになる。

ステージが真っ赤な照明で染まり、始まった2曲目は「Booster」。メンバーそれぞれによる歌唱パートがじわじわと気持ちを高ぶらせると、花道に飛び出した5人の後ろでユーキが連続バック転を見せ、大きな歓声が上がる。続く「Fashion」は頭を抱えるタクヤにメンバーが寄り添うように曲が始まり、タカシの感情的な歌声、歌詞の世界観を体で表現するダンスに観客が息を飲み、リョウガのシリアスな表情や伸びやかで切ないタカシのハイトーンが聴き手の心を奪う。

世間の超特急のイメージとは異なる、クールでシリアスな面を見せた2度目のライブステージ。ラストはイントロに大歓声が上がった「Kiss Me Baby」。イントロに乗せて、8号車がメンバーの名前がコールして始まった、ライブ定番曲であるこの曲。呼吸の合った歌とダンスで観客を魅了すると、“Kiss Me Baby”の歌詞に、ユースケがはにかんでキスを投げ、黄色い声援が上がる。

クールな面や少し大人になった最新型の超特急の姿も見せつつ、最後はしっかり盛り上げてライブを終えた6人。「ありがとうございました!」と花道を歩きながら笑顔で手を振り、「以上、僕たちが超特急でした!」と深々頭を下げて、ステージを去った。


リリース情報

2019.02.20 ON SALE
超特急/高田漣
配信&12inch アナログ盤「ソレイユ」

2019.03.27 ON SALE
Blu-ray『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH AT SAITAMA SUPER ARENA』


ライブ情報

FUN!FUN!ふぁんみーてぃんぐ2019 平成最後の大爆発!!!!!!!!
03/09(土)大阪・Zepp Namba(OSAKA) ※二部制
03/10(日)福岡・Zepp Fukuoka
03/14(木)愛知・Zepp Nagoya
03/27(水)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
03/28(木)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)

BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA ~Breakthrough, The Six Brave Stars~
04/20(土)千葉・松戸・森のホール21 大ホール
04/21(日)千葉・松戸・森のホール21 大ホール
04/28(日)神奈川・カルッツかわさき ホール
04/29(月・祝)神奈川・カルッツかわさき ホール
05/02(木)大阪・大阪国際会議場 メインホール
05/03(金・祝)大阪・大阪国際会議場 メインホール
05/05(日・祝)大阪・大阪国際会議場 メインホール
05/11(土)鳥取・とりぎん文化会館
05/12(日)島根・島根県民会館
05/17(金)福岡・福岡サンパレス
05/18(土)長崎・長崎ブリックホール
05/25(土)愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
05/26(日)愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
06/01(土)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
06/02(日)埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
06/08(土)広島・上野学園ホール
06/15(土)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
06/16(日)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
06/29(土)千葉・市川市文化会館 大ホール
06/30(日)千葉・市川市文化会館 大ホール
07/06(土)宮城・仙台サンプラザホール
07/07(日)宮城・仙台サンプラザホール
07/14(日)新潟・新潟テルサ
07/15(月・祝)石川・本多の森ホール
07/20(土)大阪・大阪国際会議場 メインホール
07/21(日)大阪・大阪国際会議場 メインホール
07/27(土)愛媛・西条市総合文化会館 ※初開通
07/28(日)高知・高知市文化プラザかるぽーと ※初開通
08/08(木)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
08/09(金)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
08/12(月・祝)佐賀・佐賀市文化会館 ※初開通
08/13(火)熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館) ※初開通
08/17(土)沖縄・沖縄コンベンションセンター劇場棟 ※初開通


『KOBE COLLECTION 2019 SUPRING&SUMER』公式サイト
https://www.kobe-collection.com/

ツアー特設サイト
http://bullettrain.jp/euphoria/

超特急 OFFICIAL WEBSITE
http://bullettrain.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人