嵐の休止発表後出演で見せた「これぞMステ!」というステージと、「これはMステなの?」という構成の疑問

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。2月のMステは計3回。通常放送2回(15日、22日)に加えて、1日に3時間スペシャルが放送されました。前後編でお届けする今回、まずはその3時間スペシャルの模様からどうぞ。

 

Mステはどこへ向かおうとしているのか疑問が残る構成

1日のMステは“テレビ朝日開局60周年記念”と銘打たれており、過去のMステの名場面が一般視聴者の感想も交えて多数放送されるという、ある意味では“いつものパターン”の構成でした。

この手のスペシャルでよく触れられる“初登場予定だったロシアの2人組ユニット、t.A.T.u.がオープニング以降スタジオに現れず→その穴を急遽THEE MICHELLE GUN ELEPHANTが埋める”という流れ(2003年)や、oasisが出演した際に出番終了後のアンコールに応えて予定されていなかった楽曲を演奏する様子(2009年)など、いろいろと貴重なシーンが紹介されていました。

ここまではまだ良かったのですが、この日のMステがいつもと違ったのは、“Mステではない音楽番組についても振り返っていたこと”です。例えば『タモリ・山田邦子のヤマモリ音楽ステーション』での井上陽水と玉置浩二の共演(1992年1月2日放送)、『歌謡ドッキリ大放送』で山口百恵が子供からの「(婚約発表したばかりの)三浦友和さんを本当に好きなんですか?」という質問に答える様子(1980年4月27日放送)など、確かにレアな一幕ではあるものの、「これをMステでやる必要があるのか?」という疑問が大いに残りました。

Mステというのは“テレビ朝日の歌番組”であり、かつ長く続いているものなので、その中で“テレビ朝日全体の歌番組について振り返る”ということにも正当性がないわけではないと思います。ただ、これをやり出すと“お宝映像発掘”企画には際限がなくなりますし、“Mステ固有の価値”というのはどんどん失われてしまうように感じました。

この日のMステの番組構成は、“(Mステとしてどうか、ではなく)音楽バラエティとして面白いこと”がとても大事にされている現状の雰囲気を端的に表していたように思います。先月の当連載でも、1月に放送されたカラオケの歴史を紐解く企画がMステ的にありなのか? という投げかけをしたのですが、そういう問いももはや愚問になってきているなあという感じです。視聴者としては、そうやって番組が変わりゆくさまをただ見守ることしかできません。

 

嵐、休止を語らずとも、選曲で想いを表現

一方で、1日の放送で“従前のMステらしさ”を感じたのは、この日のラストを飾った嵐のステージでした。ちょうどこの週の最初、1月27日に2020年をもって活動を休止することを発表した彼らにとって、グループとしてはそれ以来初めてとなるテレビの生放送への出演。

直接的に休止について語られるパートは少なかったのですが(主にこれまでのMステ出演に関する思い出話をしていました)、このタイミングでファンへの感謝を綴った「感謝カンゲキ雨嵐」を披露するという粋な選曲で、会場に集まったファンを盛り上げました。

今回の決断には5人それぞれの思いがあったでしょうし、完全に全員が割り切ることができているのかは外野からでは想像もつきませんが、それでもさっぱりとした表情でパフォーマンスをする5人からは、残りの期間しっかり活動して嵐を一旦きれいに終わらせようという潔さみたいなものを感じることができました。

今回の当事者である大野くんが曲の最後に発した「引き続き嵐をよろしくお願いします!」という言葉は、偽らざる本音だったのではないかと思います。

Mステの枠を超えた懐かし映像発掘と、休止発表直後の嵐のパフォーマンス。ここで示された“ノスタルジー”“リアルタイム”という2つの概念は、今のMステを支えている思想の両輪でもあります。このバランスを的確にとりつつ、願わくば“リアルタイム”側を大事にしてほしい、というのが個人的な希望ではありますが、はたしてこの先どうなっていくのでしょうか……。

[前編]はここまで。[後編]では欅坂46の新曲などについてもお届けしたいと思います。3月4日(月)の配信をお待ちください!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2019年2月1日放送分 出演アーティスト「テレビ朝日開局60周年3時間SP」】
THE YELLOW MONKEY「太陽が燃えている」
秦 基博「ひまわりの約束」
ジャニーズWEST「ホメチギリスト」
大塚 愛「さくらんぼ」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「AGEHA」
ORANGE RANGE「花」
東京フィルハーモニー交響楽団「ドクターXのテーマ」
Superfly「Force」
ZARD・坂井泉水&倉木麻衣「負けないで」
乃木坂46「シンクロニシティ」
嵐「君のうた」「感謝カンゲキ雨嵐」

【2019年2月15日放送分 出演アーティスト】
IZ*ONE「好きと言わせたい」
Kis-My-Ft2「君を大好きだ」
あいみょん「マリーゴールド」
Nissy(西島隆弘)「Addicted」「トリコ」
家入レオ「この世界で」
HONEST BOYZ(R)「SAKURA feat. KOBUKURO」
山崎まさよし「One more time,One more chance」

【2019年2月22日放送分 出演アーティスト】
Sexy Zone「La Sexy Woman」
欅坂46「黒い羊」
King Gnu「Slumberland」
SEKAI NO OWARI「YOKOHAMA blues」
CHEMISTRY「もしも」
JUJU「ミライ」
THE YELLOW MONKEY「I don’t know」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人