関ジャニ∞メンバー出演、“ハイチュウ”新CM完成! 村上信五が丸山隆平に全力ツッコミ!?

■関ジャニ∞が、美味しさに感動! “ハイチュウ”新CM、3月7日より『ピューレおばさん篇』『苺おじさん篇』2本同時OAスタート!

森永製菓がソフトキャンディ“ハイチュウ”シリーズをさらに美味しくリニューアル発売すると同時に、3月7日より新CMをオンエアする。

果実ピューレを使用し、さらに果汁感がアップした“ハイチュウ”<ストロベリー><グリーンアップル><グレープ>の3品。今回も、イメージキャラクターとしてお馴染みの関ジャニ∞メンバーが出演する。

新CMではエプロン姿の大倉の前に置かれた大量の“ハイチュウ”が積み上がったハイチュウタワーにメンバー全員が「おぉ~!」と感動するシーンからスタート。丸山、安田、横山、錦戸は順番に“ハイチュウ”を食べながらその味にさらに感動。そして次に村上が“ハイチュウ”を食べようとしたとき、背景にいきなり“ピューレおばさん”や“農家のおじさん”の恰好をした丸山が登場。思わず村上もツッコミを入れてしまう。

メンバーが“ハイチュウ”を感動しながら味わうシーンと、突如現れる異質な恰好をした丸山の登場シーンとのギャップが見どころだ。

また、撮影終了後に行われた“ハイチュウ”の食レポでは、満場一致で丸山の「芳醇」のコメントが1番に選ばれた。丸山は「ハイチュウに言わされた(笑)」と発言。メンバー大爆笑の食レポにも注目だ。

■CMストーリー
『ピューレおばさん篇』では、オーケストラの音楽が流れる中、エプロン姿の大倉が大皿に盛られた巨大なハイチュウタワーを片手で持ちながら「果実ピューレ入りやで~♪」と紹介すると、メンバー全員が驚きながら「おぉ~!」と感動。丸山、安田、横山、錦戸は順番に“ハイチュウ”を食べながら「果実ピューレが練りこまれてて、フルーティー♪」とさらに感動する。次に村上がイチゴ味の「ハイチュウ」を食べようとしたとき、背景にいきなりおばさんの恰好をした丸山が「私が練りこみました」と言いながら登場。驚いた村上は「誰!?」と思わずツッコミを入れる。

また、『苺おじさん篇』では、『ピューレおばさん篇』と同じく村上のくだりのあとで、髭が生えた農家のおじさんの恰好をした丸山が「うめぇっぺよ!」と言いながら登場。驚いた村上は「どこの方!?」とツッコミを入れる。

オーケストラの音楽が流れ、メンバーが「ハイチュウ」を感動しながら味わうシーンと、突如現れる異質な恰好をした丸山の登場シーンとのギャップがCMの見どころだ。

■CM現場レポート
錦戸、村上、横山、安田はそれぞれカメラの前で新しくなった「ハイチュウ」を笑顔で頬張ったが、安田だけは撮影がスムーズに進み、あっという間に終了をしたため、監督から「はい、以上です」と声がかかると、「え~~っ!」と驚きを隠せない様子だった。

次に、丸山が髭が生えた農家のおじさん姿、その後白髪のピューレおばさん姿の両役で登場。普段見られない丸山の衝撃の格好はもちろん、様々な役に柔軟に応じる演技力に監督をはじめ撮影スタッフから驚きの声があがった。

最後は机の上に置かれた巨大なハイチュウタワーを囲み、全員で“ハイチュウ”を頬張りながら談笑。終始笑いの絶えない現場となった。

■“ハイチュウ”の食レポ
メンバー全員が新しくなった“ハイチュウ”を食レポ。

村上「めっちゃ味が濃くなっとる。酸味がだいぶ強くなってる。さらに美味しい」
大倉「美味い! すごいイチゴ感。フルーツ感ですね」
横山「やっぱジューシーですねー。前よりフルーティーさが増している気がする。すごいわ、噛めば噛むほどわかる」
安田「美味しいっすね。鼻から抜けていくね、香りが。次のやつむくよね、このタイミングで」
丸山「う~ん、芳醇。飽きないね~、これは」
錦戸「フルーツの味がめっちゃする」

最後に、誰の食レポが上手かったかを全員に尋ねると、満場一致で「丸でしょうね!」と。「芳醇は出ない。ギュッとまとめてきよったから。」(村上)、「やっぱすごいな~、経験値がものいうな~」(横山)とベタ褒め。丸山さ(自分で考えて言ったのではなく)「ハイチュウに言わされた(笑)」と発言の背景を語ると、メンバーも大爆笑だった。

TVCMは、3月5日10時以降、“ハイチュウ”商品サイトでも視聴できる。


リリース情報

2019.03.09 ON SALE
SINGLE「crystal」


“ハイチュウ”商品サイト
https://www.morinaga.co.jp/hi-chew/

関ジャニ∞ INFINITY RECORDS OFFICIAL WEBSITE
https://www.infinity-r.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人