欅坂46・織田奈那初主演映画の舞台挨拶に欅坂46メンバーの長沢菜々香が登壇、そして涙! その意外な理由とは?

■「映画『未来のあたし』が東京で公開されるということを、撮影のときには想像もしていなかったので驚いていますが、すごくうれしいです」(欅坂46・織田奈那)

映画監督・豊島圭介が手がけた、織田奈那(欅坂46)初主演の短編映画『未来のあたし』、Micro(Def Tech)初主演の『すけ坊』、秋山成勲初出演の『あさのはなし』の3作品をオムニバス上映するプログラム、『未来のあたし ~豊島圭介ショートフィルム映画祭~』が、2月23日より東京・渋谷ユーロスペースにてレイトショー公開がスタート。

初日公開日となった2月23日の上映後、『未来のあたし』で初主演を果たした織田奈那(欅坂46)と、ゲストとして織田の盟友・長沢菜々香(欅坂46)が初日舞台挨拶で登壇した。

超満員となった会場のファンを前に、主役の織田奈那は「まさか『未来のあたし』が、浜松、そして東京で公開されるということを、撮影のときには想像もしていなかったので驚いていますが、すごくうれしいです」と挨拶。

応援にかけつけた長沢菜々香は登壇中、感無量になり、泣いてしまうシーンも。その理由を聞かれると「舞台挨拶の応援として、ここに来ていいよって言ってくださった理由が、豊島監督が、私が“だに”(=織田の愛称)と仲が良いから呼んでくださったと思っていたんですけど、実際はだにが私を呼んでくれたことがすごいうれしくて、感動したからです」と答えた。

映画に関しては、織田扮するマリが、プレゼントされたハンカチについて「センスいいね」って言うシーンが特にお気に入りとのこと。

豊島監督は、ようやく東京での公開となったことについて「『未来のあたし』を撮影したのは一年以上前。寒い時期の撮影だったのを思い出します。やっとみんなに観てもらえてうれしいです」とコメントした。


イベント情報

未来のあたし ~豊島圭介ショートフィルム映画祭~
上映館:東京・ユーロスペース(渋谷)

<イベントスケジュール>
※映画上映後に開催
02/23(土)初日舞台あいさつ ※織田奈那(欅坂46)『未来のあたし』/長沢菜々香(欅坂46)
02/25(月)『ゼロからはじめる映画研究会』ワークショップ ~『未来のあたし』が一般公開されるまで(豊島監督)
02/26(火) 織田奈那(欅坂46『未来のあたし』)×豊島監督トークショー
02/28(木)中村映里子(『あさのはなし』)×豊島監督トークショー
03/02(土)Micro(Def Tech『すけ坊』)×豊島監督トークショー
03/07(木)徳尾浩司(脚本家)×豊島監督トークショー

<上映作品>
『未来のあたし』
ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2018ノミネーション作品、はままつ映画祭2018 オープニング作品
主演:桜井淳子、織田奈那(欅坂46)
監督:豊島圭介

『すけ坊』
ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2015ノミネーション作品
主演:Micro(Def Tech)
監督:豊島圭介

『あさのはなし』
(2016年)
主演:秋山成勲 中村映里子 花田優里音
監督:豊島圭介


『未来のあたし ~豊島圭介ショートフィルム映画祭~』 OFFICIAL WEBSITE
http://www.keisuketoyoshima.com

東京・ユーロスペース(渋谷)
http://www.eurospace.co.jp/

欅坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.keyakizaka46.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人