ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン!『麻雀放浪記2020』衝撃のポスタービジュアル解禁

■斎藤 工が演じるギャンブラー“坊や哲”が決死のメッセージを送るポスタービジュアル

CHAIが主題歌をつとめる、2019年4月5日全国公開の東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』。不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化となる。

主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストのひとつと公言している斎藤 工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を熱演する。

そして、メガホンを執るのは『凶悪』(2013年)、『孤狼の血』(2018年)など“今、日本映画でいちばん攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナーであり、『孤狼の血』で現在行われている賞レースを総ナメにしている白石和彌がつとめる。

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、そのスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも時代も大胆にアレンジ。原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、最もエキサイティングで危険なスーパーリブート作品がついに誕生する。

そしてこのたび、ベールに包まれてきた本作のポスタービジュアルがついに解禁となった。

今回解禁となった映画の本ポスターでは、斎藤工演じる“坊や哲”の頭が爆発している、という衝撃的なビジュアルを披露している。真っ赤に染まったポスターには、【ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン!】という痛烈なメッセージも刻まれており、それは、1945年の【戦後】から2020年の【戦後】へ突入したギャンブラー“坊や哲”からの決死のメッセージであることが表現されている。彼が、【禁断の未来】で一体なにを目撃したのか? そこで、どんな血戦が彼を待ち受けているのか? それに対する、彼の覚悟とその魂の叫びを1枚に収めたポスターに仕上がった。

また、あるサプライズが仕掛けられた予告編が、2月22日より、各劇場で掲出開始されている。こちらはWEB解禁はなし。斎藤 工の“シークレット爆笑メッセージ”が組み込まれた、禁断の未来を暴く衝撃の予告編は、劇場の大スクリーンで楽しもう。


映画情報

『麻雀放浪記2020』
2019年4月5日(金)全国ロードショー
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか
監督:白石和彌


『麻雀放浪記2010』公式Twitter(@mahjongg2020)
https://twitter.com/mahjongg2020

映画『麻雀放浪記2020』作品サイト
http://www.mahjongg2020.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人