映画『さよならくちびる』より、小松菜奈&門脇麦が演じる“ハルレオ”の歌唱シーンが解禁

■主題歌「さよならくちびる」のプロデュースを秦 基博、挿入歌「たちまち嵐」の作詞・作曲をあいみょんが担当!

小松菜奈・門脇麦をダブル主演に迎え、さらに成田凌が出演と今の映画界最旬キャストで贈る青春音楽映画『さよならくちびる』が、5月31日に公開される。

劇中、小松菜奈演じるレオ、門脇麦演じるハルで構成する、人気ギターデュオ“ハルレオ”は、実際にふたりとも自らの歌声で撮影。小松菜奈においては映画やCMなど含め、キャリア初の歌唱演技となる。さらに小松、門脇共に数ヵ月のトレーニングを経て、実際にギター演奏をしながら楽曲を披露できるまでになり、ライブシーンの撮影を成功させた。

今回の楽曲は、主題歌のプロデュースを秦 基博が、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんが担当しており、これらの曲を小松菜奈と門脇麦のふたりがどのように表現し歌っているのか、また秦 基博とあいみょんのそれぞれが手がけた楽曲と歌詞にも注目だ。

そしてこのたび、本作のショート予告が完成。秦基博が手がけ、ハルレオに提供した主題歌楽曲「さよならくちびる」と、あいみょんが作詞作曲した「たちまち嵐」も聴くことができる予告は、カリスマ的存在のレオ(小松)と、才能の持ち主ハル(門脇)のデュオが突然解散を決めるところからスタート。

本作でキャリア初の歌唱を披露する小松、そして門脇の2人でギターを弾きながら歌う主題歌「さよならくちびる」。ハルレオは秘めた想いを歌に乗せ奏でる。ふたりとシマ(成田)の3人がやがて向かう未来とは―。途中のシーンでハルとレオがまさかのキスをするようなカットが印象的に映し出されており、シマ含めた3人の関係と、その行く末が気になるショート予告に仕上がっている。

また、あわせて、ハルレオ、シマの3人が全国ツアーに向かう車中の様子を捉えたシーンや、ハルとレオの練習風景をおさえた劇中写真も公開。何気ない瞬間ながらどこか儚さが薫る、印象的なカットとなっている。

さらに、4月5日には本作のノベライズが徳間文庫より発売されることも決定。奇跡の青春音楽映画を、相田冬二による文庫書き下ろしでノベライズ。映画とは異なる、ノベライズ独自の描写で3人の心情を浮き彫りにしている。


映画情報

『さよならくちびる』
2019年5月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督・脚本・原案:塩田明彦
キャスト:小松菜奈 門脇麦 成田凌
篠山輝信 松本まりか 新谷ゆづみ 日高麻鈴 青柳尊哉 松浦祐也 篠原ゆき子 マキタスポーツ
※「日高麻鈴」の「高」は、はしごだかが正式表記。
主題歌:うた by ハルレオ Produced by 秦 基博
挿入歌:作詞作曲 あいみょん
製作幹事・配給:ギャガ
制作プロダクション:マッチポイント
(C)2019「さよならくちびる」製作委員会


秦 基博 OFFICIAL WEBSITE
http://www.office-augusta.com/hata/

あいみょん OFFICIAL WEBSITE
http://www.aimyong.net/

映画『さよならくちびる』作品サイト
https://gaga.ne.jp/kuchibiru/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人