BTSメンバーが“福岡弁”でMC!「ARMY(ファンの総称)のために頑張るけん。盛り上がってくれるっちゃろ?」

■BTS、4都市9公演&38万人動員の日本ドームツアーを完走!

BTSが、本日2月17日、福岡 ヤフオク!ドームにて自身初のドームツアー『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF’ 〜JAPAN EDITION〜』の最終公演を開催した。

今回のツアーは、昨年8月に発表されたリパッケージアルバム『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』で完結した”LOVE YOURSELF”シリーズを引っ提げて行われているワールドツアー。

ここ日本では、昨年11月13日の東京ドームを皮切りに、4都市9公演にて開催。『LOVE YOURSELF』シリーズの楽曲を中心に、およそ30曲が披露された。

開演前から客席をぎっしりと埋めたファンの熱気に包まれる中、1曲目から数十人のダンサーを従え、大ヒット曲「IDOL」でライブがスタート。「今日、一緒に盛り上げてくれますよね〜?」と挨拶し、「Save ME」「I’m Fine」と続けてパフォーマンスした。

「もっとARMYの声を聞きたい」(JUNG KOOK)と、ファンとコール&レスポンスし会場を温め、福岡弁で「ARMY(ファンの総称)のために頑張るけん。盛り上がってくれるっちゃろ?」「やっぱりARMYは最高っちゃんねー!」と話す場面も。ライブ中盤にはヒット曲メドレーで会場を沸かし、「Airplane pt.2」「FAKE LOVE」では、ひときわ大きな歓声が沸き起こった。

メンバー7人のソロステージでは、それぞれの魅力を存分に発揮。J-HOPEが花道も存分に使用したステージングで魅せると、ファンがJ-HOPEコールで応え、それに続くようにJUNG KOOKがダンサーを従えてパフォーマンス。続くJIMINの身体能力の高さにはファンも息を飲んだだろう。RMが会場を暖かく「Love」で包み、Vはミュージックビデオでも話題のジャケットダンスをセクシーに披露。SUGAがチャーミングさとラップ力を見せると、JINはこのために特訓したというピアノを披露した。

ファンからの歓声に応えてアンコールに登場すると「So What」「Anpanman」を続けて披露。メンバーのSUGAは「福岡ではじめてコンサートしたときのことを思い出します。ZEPPの会場でした。この横ですよね。あのとき、ドームに行きたい、ドームに行かなければ、行くのが夢だと思ってました。夢が現実になりました。ありがとうございます」と想いを伝えた。

今のBTSの魅力がぎっしりと詰まった約3時間。ツアーのチケットが完売し、プレミア化されていたのを受け、ドームツアー最終日の福岡公演は日本全国の200館を超える映画館でのライブビューイングが実施された。

※写真はすべて東京ドーム公演時のもの(2018年11月13日・14日撮影)

『BTS「BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF’ 〜JAPAN EDITION〜』
2019年2月17日@福岡 ヤフオク!ドーム
<セットリスト>
1. IDOL
2. Save Me〜I’m Fine
3. Magic Shop
4. Trivia 起 : Just Dance
5. Euphoria
6. I NEED U -Japanese ver.-
7. RUN -Japanese ver.-
8. Serendipity
9. Trivia 承 : Love
10. DNA -Japanese ver.-
11. Medley (フンタン少年団(Japanese ver.)/進撃の防弾 -Japanese ver.-/FIRE -Japanese ver.-/ベップセ -Japanese ver.-/DOPE)
12. Airplane pt.2
13. Singularity
14. FAKE LOVE -Japanese ver.-
15. Trivia 轉 : Seesaw
16. Epiphany
17. The Truth Untold
18. Tear
19. MIC Drop -Japanese ver.-
◇アンコール
En1. So What
En2. Anpanman
En3. Answer : Love Myself


リリース情報

2018.04.04 ON SALE
ALBUM『FACE YOURSELF』

2018.11.07 ON SALE
SINGLE「FAKE LOVE/Airplane pt.2」


BTS (防弾少年団)  OFFICIAL WEBSITE
https://bts-official.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人